人気ブログランキング |

抹茶挽き体験処「お茶の北島屋」

何もない一本杉通り!

観光で一本杉通りを下見に来ては、最初の言葉は、「何もないね、30分か?」と良く云われます。一本杉通りの観光「ふれあい観光 語り部処」を案内しながら説明すると、「これは楽しい 来ます。」と喜んで戴けます。

「花嫁のれん展」で通りが知れ渡ることになり、のれんのまちとして、よく観光に来て戴くのですが、「のれんがない。」とよく云われます。平生観光では、呉服屋さんの「凛屋」さんと「松本」さんに展示語りをして戴いています。

見るところものれんもないまちです、でもひとがいます。楽しいひとがいます。生活文化にふれて語りを楽しんで戴く「語り部処」、これが一本杉通りのおもてなしです。半日は掛かる茶の間の観光です。
by kitajimaya | 2009-11-28 10:41 | ■登録文化財とまち