人気ブログランキング |

抹茶挽き体験処「お茶の北島屋」

茶の間の観光!

一本杉通りの進めるまちづくりが、時の流れに乗ってうまく進んでいます。これまでの観光を「応接間の観光」とするならば、今は「茶の間の観光」と云えるものです。この発想は木村尚三郎先生によるものです。

風の人の声を聞きながらぼつぼつ進めてきた一本杉通りのまちづくりが木村先生によって裏づけられました。「茶の間の観光」、地元の人々と語り生活文化を味わっていただく、ふれあい観光「語り部処」がまさにそれに当たるものです。

まちなかに進める語り部処67軒はこれから自信を持って、それぞれに充実する努力をして、金沢に新幹線が開通するまでにかたちにしようとする「まちなか観光10万人を目指す」プロジェクトが間違いないと証明されたようでますます元気がでます。

「茶の間の観光」と聞けばはっきりとこれからやることが見えてきました。
by kitajimaya | 2009-02-02 18:18 | ■登録文化財とまち