お茶の北島屋

<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

経済産業大臣表彰

一本杉町町会の映えある名誉、この度、町会顧問の布辰巳さんが、七尾仏壇組合に長年貢献され、伝統的工芸品産業功労者として表彰、経済産業大臣表彰を受賞されました。
26日町会で受賞を祝う会を開催しました。ご本人の希望で町会だけで、和やかで楽しく時間を忘れてみなさんお祝いしました。
布さんには、これからも益々元気で仏壇組合はもちろん、町会の活動にもご指導、ご鞭撻をお願い致します。
[PR]
by kitajimaya | 2011-11-28 17:38 | ■一本杉への想い・・・ | Trackback

一輪の花

「花嫁のれん館」オープ以来生花が活けられてれています。これも一本杉町の自主的協力です。毎日、花瓶の水の取り替え、定期的に花を用意して活け変え、毎日のこととなるととても大変なことです。これも一本杉通りの生活文化です。文化財なのです。まちづくりに大切なのは文化なのです。
b0062607_21454124.jpg

[PR]
by kitajimaya | 2011-11-22 21:48 | ■登録文化財とまち | Trackback

「花嫁のれん館」

一本杉通りに「花嫁のれん館」が、10月2日にオープしました。花嫁んのれんで、全国版になって一本杉通りに来ても、花嫁のれんが見られないと云われていましたが、一本杉の思いののれん館ができました。

これは将来に向けての情報収集の試験館です。現在は、当番制でカーテンを開けて電気を付けていますが、カギが掛かってています。当番店の店名と電話番号が掲示されています。ご希望の方は、電話をして戴くと開けて、のれんのお話が聞けます。

オープニング式典には、TVドラマ「花嫁のれん」の脚本家小松江里子さんも駆けつけて戴きました。のれん館の提灯、看板の文字は、作家森まゆみさんのご協力によるものです。また、一本杉通りフアンの方から、床の間に飾る掛け軸は、これだと「高砂」を一幅送って戴きました。

セットは、田鶴浜の建具組合のみなさんのご協力で、田鶴浜建具を入れて戴き、仏壇は七尾仏壇組合のみなさんのご協力を戴きました。

b0062607_637275.jpg
b0062607_6384065.jpg

b0062607_6403928.jpg

b0062607_6392354.jpg
b0062607_640473.jpg

b0062607_131967.jpg

[PR]
by kitajimaya | 2011-11-21 06:55 | ■登録文化財とまち | Trackback

どうだんつつじ

b0062607_9503537.jpg

ここのところ、中谷内陶器店前を通ると盆栽「どうだんつつじ」が出てきました。あざやかな赤色、こんなに小さい鉢に見事に育てられています。店主の趣味は、今ではプロの世界です。こんな素晴らしいものが通りに見られるのも、一本杉通りの生活文化です。生活文化こそ文化財です。
[PR]
by kitajimaya | 2011-11-20 10:05 | ■一本杉への想い・・・ | Trackback