お茶の北島屋

<   2010年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

第7回花嫁のれん展を振り返る!

第7回花嫁のれん展が、5月9日母の日に終わって、12日には、熱の冷めないうちにと反省会が開かれました。

今年の印象の第一は、花嫁のれん展が定着したなと感じたことです。金沢や県外から多くの花嫁のれんに興味のある人が多かったこと、青柏祭でか山と重なることで、それを避けてきた人たちが多かった、ゆっくり時間を掛けて鑑賞する人も増えた、リピーターも増え、お陰でふれあいも増えた、平成19年名古屋で開催した折り、のれんを見に来て3年続けて一本杉展に来て戴いている方もあります。

一方で、150枚ののれんはゆっくり鑑賞することで疲れ全部見ないで途中で帰る人も多く見られた。金沢のような近いところだと、2回観に来て戴いた方もありました。反省すべきは、通りに赤い毛氈を掛けた床几を休憩用にもっと配置することが求められる。通りに出ているのには、案内のチラシ等が置いてあって休憩用にはならなかった。

29日の花嫁道中・開幕式に観光バスで岐阜県から来て戴いた団体の方、のれん展開催中金沢から団体で来て戴いた方、富山からのお客さんは、団体で来たがゆっくり団体では観ることが出来なかったので、個人で来たと云う方もありました。

広報で今年は、富山にキャラバン隊で行って来たのは大変大きな効果があった。富山の人はのれんにとても興味を持っている方が多かった。観光交流課で頑張って予算を獲得して戴いたお陰で、北陸3県のJR各駅にB1サイズのポスターを掲載出来ました。これも大きな効果につながったことは間違いありません。更には、ポスターを例年になく各地に掲載お願をしたこと、毎年のことながら、9月からチラシの配布をしているのが定着したことも大きな力だと考えられます。

特に、語り部処では毎日、訪れてくる人たちに、のれん展の語りもしていること、まちの人たちがまちづくりに関心を持って、それぞれに出来ることを考え実行して戴いていることが大きな力になって来ました。

名古屋、東京でののれん展の開催はみなさんのお陰で実現出来ました。次は大阪での開催、パリ、ニューヨークでの開催と次の世代のひとたちのために夢は膨らんでいます。
[PR]
by kitajimaya | 2010-05-25 05:46 | ■花嫁のれん | Trackback

大和中学校のみなさん頑張りました!

19日午後、大和中学校65人の生徒たちが一本杉通りにやって来ました。語り部処を訪れ語りを聞いて、あるいは体験をして半日過ごしました。
当店では、抹茶を挽き、大豆飴に抹茶を振りかけて食べ、挽き立ての抹茶を味わいました。
b0062607_2115924.jpg

b0062607_21155953.jpg

b0062607_21224219.jpg

[PR]
by kitajimaya | 2010-05-20 21:16 | ■登録文化財とまち | Trackback

一本杉公園の除草作業

16日、第3日曜日一本杉公園の除草作業日です。8時集合、今年からごみゼロ推進委員長発案で、回覧板を回し毎月第3日曜日に公園の除草作業と通りの清掃を徹底しようと始まりました。公園への往復は、通りのごみも拾いながらのウオーキングです。

毎月、除草作業をすることで、草もそんなに伸びず増えず作業が簡単で時間もかからないとの発想です。更に、町内の交流も始まるのでとても良いことです。花嫁のれん展中、「裸足でも歩ける通りですね。」と褒めて戴きました。

b0062607_17321031.jpg
b0062607_17323733.jpg
b0062607_17325793.jpg

[PR]
by kitajimaya | 2010-05-16 17:33 | ■一本杉への想い・・・ | Trackback

一本杉通りが読売新聞に特集!

今度、一本杉通りが、読売新聞に4回シリーズで取り上げられることになりました。第1回が16日日曜日から毎週日曜日に掲載されます。

掲載されると、各地からお客さんに来て戴けます。一本杉通りも何かと取り上げられることが増えました。3月には「赤旗」にも取り上げられ、福井、名古屋と新聞のコピーを持って、語り部処を楽しみに来て戴きました。

読売新聞七尾支局の記者もとても若いですが、学生でアメリカに4年、その内ニューヨークに2年と生活した経験がると聞き、早速、花嫁のれん展ニューヨーク開催の手立てがないか、お願いしておきました。

一本杉通りでは、花嫁のれん展を、パリ、ニューヨークでの開催を目指しています。加賀藩だけの特別の日本の文化をぜひ世界の人々にも味わって戴きたいと思っています。
[PR]
by kitajimaya | 2010-05-14 20:54 | ■登録文化財とまち | Trackback

修学旅行生<語り部処めぐり>

5月19日(水)岐阜県郡上市大和中学生のみなさんが、修学旅行で一本杉通りの「語り部処」めぐりに来ます。

今年で3年目です。先輩のお話を聞いて、1軒あたりの訪問時間が45分と長くなりました。一本杉通りの目指す「茶の間の観光j」の趣旨を理解していただきました。ゆっくり地元の人と語り・体験を楽しんで戴く「語り部処」です。

1班4~5名で17班に別れ、15軒の語り部処訪問です。朝、郡上市出発、昼食前七尾着で、一本杉通りは、12時15分から15時までで、1班3軒の訪問です。毎回礼状を送ってくれるのですが、とても喜んで戴いています。
[PR]
by kitajimaya | 2010-05-13 09:30 | ■登録文化財とまち | Trackback

第7回花嫁のれん展終了!

第7回花嫁のれん展が、9日大盛況の内に終了いたしました。みなさんのご協力ありがとうございました。本当にたくさんのお客さんに来て戴きました。

特に、今年は、県外のお客さんがとても多かったのと、花嫁のれんをゆっくり見たいと、時間をかける人が多くなりました。先月20日、富山にキャラバン隊にい行ったのが功を奏し、花嫁のれん見学バスを仕立て来ていただきました。

団体では、ゆっくり見ることが出来なかったと、又来て戴いたお客さんにもお会いしました。朝日新聞の一面に載った「花嫁のれんくぐり」の記事を見て、ぜひと駆けつけて戴いたお客さんも、何組か見えました。

花嫁のれん展が定着したなと感じさせるふれあいがたくさんありました。みなさんゆっくりとのれんを鑑賞し、体験し、買い物をして楽しんでいただきました。昨年までとは大きく違いを感じさせるものがありました。


b0062607_20583037.jpg
b0062607_20584882.jpg
b0062607_2059545.jpg

b0062607_20593126.jpg
b0062607_210202.jpg
b0062607_2103573.jpg
b0062607_210521.jpg

[PR]
by kitajimaya | 2010-05-11 20:37 | ■花嫁のれん | Trackback

七尾まちなか観光マップ「語り部処」完成!

4月30日、七尾まちなか語り部処マップが出来ました。「能登・七尾銀座界わい 語り部処」と「能登・七尾魚町見附界わい 語り部処」です。

これまでに、一本杉通り、東部商店街、泰平橋周辺の語り部処マップがあります。これで五か所のマップが完成。後一か所「金毘羅神社界わい」が出来上がると、七尾のまちなか、六ヶ所が切磋琢磨して交流人口を増やす努力をして、能越自動車道完成と新幹線金沢開業に備えます。

これで、まちなか体制が出来るわけで、勉強会をしながら語り部処の充実に努め、七尾は語り部処巡りで、金沢まで来たら、ぜひ来てみたいまちで半日から一日楽しみ、和倉温泉に泊まって、能登島、中島、田鶴浜と巡り更にもう一泊となるような魅力づくりに頑張りたいものです。

お問い合わせ:
*「銀座界わい 語り部処」 ブッテイックたかせ 0767-52-1310
*「魚町見附界わい 語り部処」 新古物店 0767-52-6540
b0062607_7381911.jpg
b0062607_738527.jpg

[PR]
by kitajimaya | 2010-05-07 07:13 | ■語り部処 | Trackback

花嫁のれん展ー3

4日午後、谷本石川県知事が一本杉通りの花嫁のれん展に見えました。今年は、輪島港のマリンタウン旅客船岸壁供用式典に出席して、午後、七尾市の青柏祭のでか山を見るため山王神社に寄り、3時過ぎ一本杉通り仙対橋に到着。

今では、一本杉通りの花嫁のれん展見学は、知事さんの恒例となり、毎年来て戴いています。通りを散策しながら、「一本杉通りは電柱を残すまちだ。」と褒めて戴きましたが、その通りで、同時に開催されている青柏祭のでか山が通るのに、電柱があると迫力が違います。

又、観光客の方が、「ここの電柱はなぜノッポですか」と聞かれると、でか山の語りが始まります。これも地域の宝です。

b0062607_16102335.jpg


この狭さが魅力です。
b0062607_16115537.jpg

[PR]
by kitajimaya | 2010-05-05 16:14 | ■花嫁のれん | Trackback

花嫁のれん展-2

29日から始まった第7回花嫁のれん展も、4日が過ぎましたが、ここにきて花嫁のれん展が定着したなとの感触を得ました。初めてのことです。

でか山祭りになると混雑するので、その前に花嫁のれん展を見に来たと云うお客さんが今年は増えました。特に、県外のお客さんが増えたなという感じです。金沢からのお客さんも、富山のお客さんも増えましたが、富山は、キャラバン隊に行った効果が大きかった。新聞やテレビで見て来たというお客さんが多い。

昨日は、和歌山からのお客さんも、二組も見え、団体ですかと問えば、違いましたが、みなさんネットで見て、のれん展を見たいと来たとのことでした。ホームページも褒めて戴きました。
b0062607_16225272.jpg

[PR]
by kitajimaya | 2010-05-03 05:26 | ■花嫁のれん | Trackback

花嫁のれん展

29日昭和の日から、第7回花嫁のれん展が始まりました。開幕式に先立って、例年行われる花嫁道中も、今年は、一本杉通りの、お菓子処花月の三男竜太さんと亜希さんが参加してくれました。

特に、岐阜から観光バスで、このためにやって来たと、花嫁のれん展の提灯が欲しいと求められたのですが、道中の最中でどうすることもできませんでしたが、例年から見ると、二日間のことですが、ゆっくり散策するお客さんが増えました。

迎える地元も慣れて余裕を持って対応できるようになり、お客さんもゆっくりのれんを楽しみ本格的ふれあいが出来るようにもなりました。9日母の日まで楽しみながら盛り上げていきます。
[PR]
by kitajimaya | 2010-05-01 11:02 | ■花嫁のれん | Trackback