お茶の北島屋

<   2010年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

一本杉通り「花嫁道中」

29日花嫁のれん展の開幕式に、花を添える「花嫁道中」が、今年も行われました。今年は、一本杉通りの、お菓子処「花月」の三男竜太さんと亜希さんが参加していただきました。

朝から雨で心配しましたが、道中が始まる30分前から雨もあがり、道中日和になり、これも一本杉通りに各地から集まって戴いたみなさんの念力によるものです。ありがとうございます。

今年は、御祓公民館から、尺八と唄で通家まで行進、合わせ水の儀式、のれんくぐり、仏壇参りと正式の儀式を行いました。これは今回で道中は6回目ですが、初めてのことです。これが大きく取り上げられ、朝日新聞の関西版の第1面で紹介されることとなりました。そのほかNHKを初め各テレビ局や各新聞社でニュースに取り上げて戴きました。
[PR]
by kitajimaya | 2010-04-30 21:00 | ■花嫁のれん | Trackback

花嫁のれん展キャラバン隊 富山県へ!

20日、一行9名、一本杉町会6名、市観光交流課2名、七尾商工会議所1名で、花嫁のれん展キャラバン隊として富山県へ行って来ました。これまでは県内だけでしたが、観光交流課橋本さんの提案で初めて県外に出かけることになりました。

北日本新聞社、チューリップテレビ富山放送、富山新聞、富山テレビ放送、NHK富山放送局、北日本放送、読売新聞富山支局と8か所訪問して、花嫁のれん展を宣伝・広報して来ました。

県外へのキャラバン隊は初めてのことで、いくらか不安も感じながら出発しましたが、事前に申し込みをしたことで、みなさんに快くお会いすることが出来ました。一本杉の進める「ふれあい」でした。会って直接会話を交わすことで親しみが湧き、帰りにはみなさん玄関まで出て、和倉風に見えなくなるまで手を振ってくださいました。

びっくりしたのは、北日本放送でした。社長の横山哲夫さんをはじめ、営業局長宮内敬さん、放送本部付局長尾崎義文さん、金沢支社支社長朴木輝雄さんに記者、カメラマンと勢ぞろいでした。先ず、社長さんが二日前の日曜日に、一本杉通りに行って来たとのことでした。考えられることは、訪問の連絡を聞いて、一本杉通りに忙しい時間を割いて訪れられたのだと思います。お話から一本杉通りを全部見ることが出来なかったのが分かりました。いかに忙しい中、飛んで来られた察しがつきます。

金沢支社長さんも顔を出されたことです。これも一本杉の訪問の情報を聞いて飛んで来られたのだと思います。考えてみれば、一町会です、ここまでしてお迎えして戴いたことに、脱帽です。

ふれあいの真髄を見たような気がします。「ふれあい観光」を唱える一本杉とすると今回のキャラバン隊はとても意義深いものがありました。反省してこれからの活動に大いに活かしたいものです。

もうひとつ、社長の横山さんの名刺には点字での表示がありました。これまでたくさんの名刺を戴きましたが、点字入りは初めてです。ここまでの気遣いにも驚きです。あの明るい笑い声が忘れられません。
[PR]
by kitajimaya | 2010-04-22 06:10 | ■花嫁のれん | Trackback

でか山の車出し

18日は魚町のでか山の車出しの日です。魚町のでか山倉庫から組み立て場所、御祓公民館に車など組み立ての部材の一式が運ばれ、組み立てが始まります。
b0062607_20525074.jpg
b0062607_20533556.jpg

12日が人形見、13日は1日がかりででか山に人形を乗せ、飾り付けが行われます。その晩、9時に鍛冶町の山が山王神社に向かいます。次に府中の山が午前0時出発します。最後に、魚町の山が4日の朝8時に出発します。
[PR]
by kitajimaya | 2010-04-19 21:21 | ■登録文化財とまち | Trackback

待望のサインが出来ました!

仙対橋たもと
b0062607_1624756.jpg

b0062607_16261453.jpg

城址小丸山公園登り口
b0062607_16282510.jpg

b0062607_16291525.jpg

b0062607_16302065.jpg

写真のように仙対橋のたもとと城址小丸山公園登り口に見つけました。他には何処に取り付けられたのかわかりませんが、少しづつサインが街なかに出来て、外から来た人に親切なまちになればとても良いことです。
[PR]
by kitajimaya | 2010-04-17 16:36 | ■登録文化財とまち | Trackback

一本杉公園

b0062607_22511917.jpg

ご覧の通り竹垣が修理されました。公園が出来て8年経ちました。当然あちこちと手のかかるところが出てきます。

ここまで気を使っていただきました。支柱のところまで竹でちゃんと覆って仕上げてくれました。
b0062607_22564054.jpg

[PR]
by kitajimaya | 2010-04-16 22:59 | ■一本杉への想い・・・ | Trackback

七尾城址と交流会

15日懐古館飯田家で一本杉町と七尾城址のみなさんとの初めての懇談会を開催。七尾城址文化事業団の冊子「七つ尾」第27号に「生活文化を楽しむ『茶の間の観光』」~「ふれあい観光 語り部処のまち」一本杉通り~ を掲載して戴きました。それがご縁で交流会を開くことになりました。

能越自動車道の開通、北陸新幹線開業に向けて、七尾の観光振興や提携について懇談、能登にとって交流人口を増やすのが一番、そのためにも、七尾市内の案内看板の充実や、能越自動車道の取り付け道路の名称など、城山につながる名前を考え提案する。

懇談することは、とても良いことで、それぞれの立場で意見が出て考えさせられ、また思わぬ発想も浮かんだりします。これらをぼつぼつ活かしていけば大きな力になります。次回は一本杉町で開催したいと考えています。

b0062607_17524446.jpg

懐古館飯田家
b0062607_1753556.jpg

桜も満開

七尾城址文化事業団 七つ尾編集委員会事務局
懐古館飯田家 
〒926-0031 石川県七尾市古屋敷町タ8-6
電話:0767-53-6674
「七つ尾」第27号 平成22年3月発行 定価1,000円
[PR]
by kitajimaya | 2010-04-16 17:55 | ■登録文化財とまち | Trackback

花嫁のれん展キャラバン隊

13日花嫁のれん展キャラバン隊、県庁、新聞社、テレビ局と一行11名で回って来ました。今月29日から始まる「花嫁のれん展」です。今年は特に、初日に行われる花嫁道中が魅力です。

一本杉通りのお菓子処「花月」の息子さんが花嫁道中に出て戴くことになりました。例年の通り、御祓公民館を10時に出発しますが、今年は、尺八と唄いで通家まで歩き、合わせ水の儀式、のれんくぐり、仏壇参りと正式に行われます。

通家から魚町の若衆の先導で仙対橋まで行進します。開幕式典が仙対橋の上で12時から開催されます。
[PR]
by kitajimaya | 2010-04-15 07:28 | ■花嫁のれん | Trackback

春祭り「ちょんこ山」

b0062607_103831.jpg

10日、(人形見)朝から青年会のみなさんが、人形宿にちょんこ山に乗せる人形を飾ります。
b0062607_104098.jpg

一本杉町の人形は「楠 正成」 貫禄があります。
b0062607_108911.jpg

今年は、ちょんこ山保存会が出来、ポスター・チラシが配布されたおかげで日中、人形を見にまわって来る人たちが増えました。
b0062607_1030549.jpg

子供たちの生演奏場、頑張っています。
b0062607_10314692.jpg

みんな真剣です。終わった後のお菓子も楽しみの一つです。
b0062607_10133741.jpg

一本杉町の祝宴会場です。今年は倉庫兼駐車場を借りました。テーブルの上のご馳走を見てください、これは一本杉方式の、一品持ち寄りの品です。
b0062607_10201086.jpg

囃子の生演奏を受け持つ子供たちです。時間も遅くなり今日は終わりで、11日にはちょんこ山に乗り込んで演奏してくれます。
[PR]
by kitajimaya | 2010-04-11 10:25 | ■まちづくりは町づくり | Trackback

名古屋市から一行49名一本杉通り観光

b0062607_16332646.jpg

9日、午後、名古屋市から、飯田雄三を囲む会のみなさん49名一本杉通り観光に!事前に一本杉通り「語り部処」のパンフレットを、渡して、バスの中で一本杉通り観光のDVDを見て来て戴きました。

DVDの威力はあるようで、みなさんゆっくり、ろうそく屋さんだ、昆布屋さんだ、醤油屋さんだとマップと合わせながら散策していただきました。

今回の担当は、花月さんと徳永さんにお願いして二組に分かれ案内していただきましたが、DVDのおかげで、自分たちのお好みのところに直行する人もありました。

目指すは、これで、みなさんに自分の希望の処に自由に行って語りを聞いて戴くのが一本杉方式、茶の間の観光「ふれあい観光 語り部処」です。
[PR]
by kitajimaya | 2010-04-10 15:45 | ■登録文化財とまち | Trackback

一本杉町町会総会

4月6日(火)一本杉町町会総会が御祓公民館で開催されました。毎年、春祭り「ちょんこ山」までに開催することになっています。

出席者も町会の半数以上を数え、会議も十分時間を掛け話し合いが行われます。今年は、「けいじゅ一本杉」さんも加入、総会に参加して戴きました。

事業経過報告、決算、事業計画案、予算と承認を戴き、その他報告事項が多く、ちょんこ山間関係、一本杉公園関係、花嫁のれん展、ごみゼロ推進、地域福祉ネトワーク・自主防災組織、文歴の道構想、石畳完成式典、などなどと盛りだくさんの話になりました。

年々、一本杉通りでは交流人口が増え、まちがとても元気になってきています。観光地づくりではなく、楽しいまちづくりで、地域福祉ネットワークを、改めて進めるまでもなく、向こう三軒両隣の清掃に始まり、声かけも定着して来ています。

町内の交流は、年2回の一本杉公園の除草作業や月2回の一本杉公園の朝市でのふれあいが大きな役割を果たしています。今年は、ごみぜろ推進担当から、月1回の公園除草作業をすることも計画されました。

会議終了後、今回初めて子供たちの「シャギリ」の発表を町会のみなさんの前でしていただきました。これまでに無かったことです。みごとに演奏する子供たちに、全員魅惑されました。

その後、会場を、宅蔵に移し懇親会に入りました。一献傾けながら、鍋をつつきながら賑やかな宴が続きました。
[PR]
by kitajimaya | 2010-04-08 07:30 | ■一本杉への想い・・・ | Trackback