お茶の北島屋

<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

春の予定が入りました!

和倉温泉「宿守屋 寿苑」さんより、来春の一本杉通り観光の申込みが入りました。雪がちらついて、いよいよ冬かなと思っているところに、予定は早くも春のお話です。来年も楽しみです。
4月17、25、28日
5月 5、12、23日
6月 6、18、27日

第7回「花嫁のれん展」も4月29日から母の日(5月9日)まで開催です。年が明けるといよいよ準備が始まります。品評会にならないように、婚礼品の展示会にならないように、大事に育ててきた「花嫁のれん展」です。いつでもどこでもだれでも展示のできるのれんです。それを期間限定で、1年に1回だけの期間でOh Godの女将さんたちが頑張って高め育てて7回目を迎えることになりました。すでにポスター、チラシは出来上がり一本杉通り全員で宣伝広報に努めています。
[PR]
by kitajimaya | 2009-12-17 09:29 | ■登録文化財とまち | Trackback

五感を楽しめる抹茶挽き体験!

お陰で抹茶挽き体験が今人気です。先ず茶臼を挽き始めるとすぐに、お茶のいい香が漂い始めます。挽く音も又心落ち着かせる物です。その音を松林を風が吹きぬける音と「松風」と名付けられています。その音を聞きながら挽く茶臼の体感、さらには、茶臼から出てくる抹茶の緑、心和ませる色です。自分で点てていただく一服の抹茶、これぞ挽きたてをいただく醍醐味です。これほど手短に五感を満足させる体験は他にありません。
[PR]
by kitajimaya | 2009-12-13 19:34 | ■お茶屋の独り言・・・ | Trackback

サンケイリビング新聞社の「えるこみ」に掲載!

先日、サンケイリビング新聞社の方がカメラマンとお客さんお二人と一緒に見えました。抹茶挽き体験で、いつもの通り茶臼で抹茶を挽いていただいて、「亭主が朝、水屋で茶臼を挽いて、その挽く音『松風』をお客様が茶室で心静かに聴いて待っています。・・・・・・・」と語って、ほっとその気分にみんなで浸っていたときに、鳴ったのです、ポッケットの携帯電話が、「携帯があるのですか?」、みんなで大笑いになってしまいました。この田舎にまさか携帯がと云う雰囲気でした。
みなさん、一本杉通りにほっとする田舎を求めてきていただいているのだなとつくづく感じさせられました。
一本杉通りも掲載して戴きましjた。

サンケイリビング新聞社「えるこみ」
[PR]
by kitajimaya | 2009-12-11 10:46 | ■登録文化財とまち | Trackback

東京から一行16名一本杉通り観光

3日、東京から一行16名のみなさん能登空港に11時45分着、昼食を食べ一本杉通りに14時に見えました。語り部処をゆっくり楽しんでいただくことになりました。二組に分かれ、先ず一組は抹茶挽き体験に見えました。茶臼を挽いて、挽く感触を楽しみ、挽く音「松風」を楽しみ、お茶の香を楽しみ、挽かれて出てくるきれいな緑色を楽しみ、そして自分で抹茶を点てて味わう、ほんの一時ですが5感を楽しんで喜んで戴きました。東京から来てこんな贅沢な楽しみができ最高と褒めて戴きました。

語りもゆっくり聞いていただいて、一本杉通りの目指す「茶の間の観光」を十分味わって戴きました。こんなにゆっくりふれあいができたのも初めてです。風の人たちとこのような時間の過ごし方をしたいものです。ますます「茶の間の観光」に自信を得たところです。
[PR]
by kitajimaya | 2009-12-04 21:39 | ■登録文化財とまち | Trackback