お茶の北島屋

<   2009年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

大雪で休業状態!

26日も雪は降り、気温がいくらか高くなり、水分の多い重たい雪になりました。市内はあちこちで車がスリップして、交通渋滞続きでした。後続の運転手や近所の人たちが、シャベルを持って車の下の雪を取り除いたり、みんなで押したりと大変な一日でした。

今日は、早朝から旧市内全域で一斉に除雪作業が始まりました。行政のとても早い対応で感謝しています。しかしながらあまりの大雪に作業ははかどりません。業者のみなさんもご苦労さんです。一本杉通りも午後4時になってもまだ3分の1あまり残っています。町内の人たちも、雪を道路に出すのに疲れました。みなさんご苦労さんです。

b0062607_162154.jpg
b0062607_163539.jpg

[PR]
by kitajimaya | 2009-01-27 16:09 | ■一本杉への想い・・・ | Trackback

能登南部に大雪注意報!

25日能登南部に大雪注意報が出ました! 昨夜から雷とともに雪が降り始め一日中降っています。5年ぶりの大雪です。七尾は海が近いのであまり雪は降らないのですが、今日は、日曜日なので、お休み状態ですが、明日は、町内みんなで雪処理日になりそうです。

b0062607_15435815.jpg

b0062607_15445668.jpg

[PR]
by kitajimaya | 2009-01-25 15:46 | ■一本杉への想い・・・ | Trackback

第6回花嫁のれん展

今年は、第6回花嫁のれん展になります。新年を迎えいよいよ、花嫁のれん展に向けて準備が始まります。来る27日第1回花嫁のれん展実行委員会が開催されることになりました。
今年は、昨年10月に東京・文京区旧安田邸にて「花嫁のれん展 in 東京」で大変好評でしたので、たくさんお客さんが期待できます。昨年は8万2千人、今年は10万人を越すこと間違いないことでしょう。
冊子「出逢いの一本杉」も、明日23日最終点検で終わり、2月の1日か2日には出来てきます、全国に発送されることにより、平生観光もたくさんのお客さんが期待できます。今年進めるプロジェクト「まちなか観光10万人を目指す」1日300人の目標も、受け入れ態勢が整えば達成できるのではと楽しみです。まちなか観光が、花嫁のれん展も合わせれば20万人を超えるのでは、みなさんの協力を得て達成したいものです。
[PR]
by kitajimaya | 2009-01-22 21:26 | ■花嫁のれん | Trackback

御祓川を挟む東と西

七尾市街地は、御祓川により東と西に分かれています。地理的だけでなくも文化的にも分かれているように考えられます。どちらが良いとか悪いと云う意味ではなく、それぞれに考え方がかなり違っているわけです。
18日、縁あって、大正時代に建てられた七尾の町家「山本邸」を見学させて戴きました。七尾のまちなか東にあります。ゆっくり内部を拝見して、お話を聞きながら、違い堀の近くで灘浦街道として当時大変栄えていたことを知ったところです。
今、七尾まちなか観光で、ふれあい観光「語り部処」を推し進める中で、違い堀を中心に灘浦街道の充実も大きな力になること間違いないと思います。
[PR]
by kitajimaya | 2009-01-19 10:27 | ■登録文化財とまち | Trackback

一本杉通り石畳化工事

一本杉通りの石畳化工事も、天気に恵まれ順調に進んでいます。深さ1m位掘った後にバラスを入れて、踏み固め基礎づくりです。一本杉通りは、高さ12m、重さ20tのデカ山が通ります、それに耐える基礎であり、石畳化です。
6日、固めた基礎を20cm位掘り、石畳を敷く前に、コンクリーで基礎をつくります。その作業が始まりましたが、実際の石畳をその上に貼り付けるのは、3月になるとのことです。

<パラス入れ>
b0062607_13115693.jpg


b0062607_13151672.jpg


b0062607_13154588.jpg

[PR]
by kitajimaya | 2009-01-08 13:15 | ■お茶屋の独り言・・・ | Trackback

一本杉通り石畳化工事

一本杉通りの石畳化第4期工事が5日から始まりました。今年度で一本杉町地内を終わり、魚町地内も終ります。来年度、松本町地内を終ると、仙対橋から桜川交叉点までが終了、予定の全工事を完成します。

一本杉通りの統一感は、石畳です、足元灯です。その中に、生活の匂いの漂うまちなか文化を楽しみに外から視察・観光にと来て、満足していただけるものと確信しています。それはこれまでに来ていただいた風の人の声を謙虚に聞いてまちづくりを進めているからです。みなさんの声は、「黒壁など要らないよ、この風情がすばらしい」とのことです。ほっとする通りと褒めていただいています。

<工事開始>
b0062607_15511973.jpg

<春には石畳が完成します>
b0062607_1552552.jpg

[PR]
by kitajimaya | 2009-01-06 15:54 | ■登録文化財とまち | Trackback

まちづくりは町づくり

一本杉通りを見て見ると、年末に掛けて、天気にも恵まれ、31日まで観光客が散策を楽しんでくれるる通りになって来ました。何かと忙しい暮れですが、ゆっくり休日を取って、旅を楽しむ人々もたくさんいると云うことです。

和倉温泉に、2泊のお客さんが増えました。お陰でゆっくり一本杉通りの散策が出来ます。ますます各店のほんまもんを磨き上げ、お客さんをうならせるほんまもんの町づくりだと確信しました。それがやがて商売繁盛にもつながることになるわけです。昨年の食品偽装問題から、時代は益々ほんまもんを求める時代になってきました。ぼつぼつですが一本杉通りの進めるまちづくりが、時の流れに乗って進んでいるとの確信も得ました。

今年も、昨年の10月の東京での花嫁のれん展の効果、語り部処発信の冊子もやがて発行されることになり、目標とする、年間10万人(花嫁のれん展の入りこみ人数は除く)の観光客も、夢ではなくなったきます。すでに今年の第6回花嫁のれん展の観光予約も、花嫁道中の観光予約も入っていますし、問い合わせもきています。

花嫁のれん展も入れると、年間20万人の目標ですが、今年は、のれん展だけでも、10万人は十分に超えることになり、30万人も狙えるところに来たのでは。受け入れ態勢が心配されます。みなさんの協力で元気なまちづくりに今年も頑張りたいものです。
[PR]
by kitajimaya | 2009-01-05 14:46 | ■登録文化財とまち | Trackback

初仕事!

お茶屋の初仕事!手挽きの抹茶「能登松風」の注文がきました。それも、島根県からです。
初釜に使いたいと、早速、当店の茶磨に向い、しゃーしゃーと、「松風」と言われる茶磨の音を聞きながら挽いていきます。

普通の穀類を挽く石臼は、ごろごろと挽く音を表現しますが、抹茶を挽く石臼「茶磨」は、その挽く音をお茶の世界では「松風」と云われます。とても和む音です。抹茶挽き体験のお客さんの中には、携帯やデジカメの動画で音を録音して、持ち帰られる方もあります。
[PR]
by kitajimaya | 2009-01-04 15:56 | ■お茶屋の独り言・・・ | Trackback

Oh God のブログ

一本杉通りの女将さんOh Godのみなさんのブログが、それぞれにオープンしてきました。とても楽しみなページです。一本杉通りのもろもろも解り、見逃せません。
下記にリンクしました。

一期一会 鳥居醤油
ぬのやの「日々是好日」
よろこんぶ通信
からつ屋のメモメモ日記
[PR]
by kitajimaya | 2009-01-03 09:21 | ■まちづくりは町づくり | Trackback

おめでとうございます!

新年明けましておめでとうございます。

旧年中は、大変お世話になりました。

今年もよろしくお願い致します。     

               北林昌之
[PR]
by kitajimaya | 2009-01-02 07:51 | ■まちづくりは町づくり | Trackback