お茶の北島屋

<   2008年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

能美市より一行16名一本杉通り観光

28日、能美市根上地区自治公民館協議会のみなさん16名マイクロバスにて、一本杉通り観光に来て戴きました。御祓公民館に駐車、みなさんに一本杉通りのまちづくりと語り部処の説明をして、語り部処マップを持って、1時間20分の予定で散策して戴きました。予定時間が短く慌ただしい散策になりました。
同時に富来からも30名くらい、兵庫県からも10名くらいと重なり賑わいました。しかしながら滞在時間が短く、十分一本杉通りを堪能していただけないのが残念です。語り部処に立ち寄ってゆっくり語りを楽しんで戴きたいのですが、一本杉方式の、いまでは七尾方式の「ふれあい観光 語り部処」を理解していただくために、広報に努めたいものです。
[PR]
by kitajimaya | 2008-06-29 18:14 | ■登録文化財とまち | Trackback

花嫁のれん展 in 東京

花嫁のれん展を東京で開催の準備をしています。先週24.25日と東京都文京区千駄木にある旧安田邸に打ち合わせに行って来ました。静かな住宅街にある立派な邸宅で、素晴らしい花嫁のれん展が開催出来ます。
一行6人でそれぞれに役割分担で責任を持って打ち合わせや、のれんの展示場所の確認、のれんの取り付け方法、ポスターの写真撮影、小道具等の確認も済ませ帰って来ました。
[PR]
by kitajimaya | 2008-06-29 17:59 | ■花嫁のれん | Trackback

山形県金山町から一行27名一本杉町を視察

22日、金山町区長公民館長連絡協議会のみなさん27名一本杉町を視察に!
8時過ぎに、鳥居醤油店醤遊館にてお茶を飲みながら、一本杉通りのまちづくりの経緯を説明、通副会長には、婦人会活動、Oh God のみなさんには、花嫁のれん展開催の経緯の説明、新城振興会会長には、一本杉通り千年憲章と今年の事業活動について話して戴きました。

質問で出てくるのが、「行政の役割は?」です。答えに困るところです。七尾市では、「情報処しるべ蔵を出先機関として七尾のまちなか観光に力を入れて、観光情報の収集と発信に努力をしています。観光は七尾市の重要課題の一つで市民と一体になって頑張っているところです。」と答えたいところです?

今、進めている「ふれあい観光 語り部処」に大変興味を持って戴き、鋭い質問もありました。「一人のお客さんの対応中、他のお客さんが来たときはどうするのですか?商売で忙しい時は?」、何をしても問題はあります、しかしそれらを解決すべく、語り部会議で問題点を挙げみんなで解決策を話し合いながら進めていくところに、難問解決で素晴らしいものとなります。

山形県となると道程もかなりあり、ゆっくり一本杉通りの散策も出来ませんでしたが、お話が出来たので一本杉通りの魅力は解って戴きました。
[PR]
by kitajimaya | 2008-06-23 13:02 | ■登録文化財とまち | Trackback

第11回花嫁のれん展協働委員会開催

19日、第11回花嫁のれん展協働委員会が開催されました。
今回の花嫁のれん展の反省、来年第6回に向けての話になりました。今年の問題点は、和倉温泉発、一本杉経由、美術館行きのバス、と金沢発、花嫁のれん展と七尾めぐりのバスの2点、来年に向けて、告知の方法と広報の時期をもっと早くするとか、今後検討を重ね続けたいものです。
花嫁のれん展も盛況でしたが、その後一本杉通り観光も団体、家族連れ、グループと増えてきています。更にはボランティアガイドさんを通じて、一本杉通り案内も増えてガイドさんの問題点、一本杉通り観光の問題点と浮かび上がってきました。これも双方で話し合いをして今後ふえる観光客の対応を考えていきたい。
一本杉通り観光をはじめ七尾の観光の問い合わせが増えてきました、しかしこれに対応出来る組織がなく、東海北陸自動車道の開通によりますます増える客にどう対応するのか、行政、観光協会、商工会議所等で出来ることを提案して戴き検討したいものです。とても急がれる問題です。
[PR]
by kitajimaya | 2008-06-20 09:34 | ■花嫁のれん | Trackback

輪島市から東四区老人会一行18名一本杉通り観光

16日、輪島市から東四区老人会のみなさん一行18名、元気な商店街一本杉通りを見なくてはと朝、電話があり午後来て戴きました。御祓公民館にバスを止めて、語り部処マップを渡し、一本杉通りの楽しみ方をお話させて戴きました。「今日は時間が足らないね、またゆっくり来なくては」といいながら、マップ片手に、時間の許す限り散策していただくことになりました。
夜は和倉温泉一泊だそうです。
[PR]
by kitajimaya | 2008-06-17 09:54 | ■登録文化財とまち | Trackback

北陸朝日放送”語り部処”取材!

HAB「Doki Doki てれび もっと石川を知りたい」の取材に七尾の語り部処を、ラッシャー板前さんとアナウンサーの塚本くみ子さんがやって来てくれました。一本杉通りを散策して「お抹茶挽き体験」に訪れて戴きました。
まちなか「語り部処」のマップもできて、早速、マップ片手にHABのスタッフのみなさんが七尾のまちなか取材に来ていただいたことは、ふれあい観光「語り部処」の発信に大きな力になりす。風の人の声「生活の匂いのするなちなかの雰囲気がすばらしい、なにかとてもホットする」と評価を戴いています。これでいいのです、これこそふれあい観光です。
放映は7月14日(月) よる7時から「Doki Doki てれび もっと石川をしりたい」
[PR]
by kitajimaya | 2008-06-17 09:42 | ■登録文化財とまち | Trackback

一本杉公園 花の植え替え作業

15日(日)一本杉公園の花の植え替え作業と除草、隣接する上野啓文堂(登録文化財)の裏庭の整備作業も合わせて行いました。大掃除、小学校の廃品回収、公民館のソフトバレーボール大会と重なりましたが17人と揃ってきれいに作業を終了することが出来ました。啓文堂の庭もすっきりしました。
<揃って花の植え替え作業>
b0062607_90350.jpg

<上野啓文堂裏庭>
b0062607_915748.jpg

b0062607_93754.jpg

b0062607_935687.jpg

b0062607_945177.jpg

[PR]
by kitajimaya | 2008-06-17 09:05 | ■一本杉への想い・・・ | Trackback

とても忙しい一本杉通り!

明日、15日は、一本杉町はとても忙しい一日です。先ず、大掃除の日、一本杉公園の除草・花の植え替え作業日、小学校の廃品回収日、一本杉公園朝市の日、公民館のソフトバレーボール大会の日とたくさん重なりました。
天気予報によれば晴れるとのことで、安心しています。何事も天気が大きく影響します。一本杉公園朝市も、テレビ朝日の人生楽園で朝市の鈴木さんを取材して戴いたお陰でお客さんが増えましたが、公園の除草と花の植え替えは、朝市が一段落した8時からで、朝市の方も合い間を見ては手伝っていただけるのでとても助かります。
公園も6年目ともなると雑草の生えるのも多くなり、この時期雨が降ると花も元気になりますが、雑草の伸びは一段と早く、驚きます。まちなかにあるのと、子どもたちが遊びに来るところなので、除草剤は使用しないで、町会のみんなで頑張ってそのつど除草作業をしています。
[PR]
by kitajimaya | 2008-06-14 10:59 | ■一本杉への想い・・・ | Trackback

七尾市情報処しるべ蔵

七尾市に情報処しるべ蔵があります。平成16年10月に七尾市しるべ蔵条例なるものが制定され、その第1条に、本市における中心市街地の商業及び観光振興の推進並びに活力ある町づくりの形成に寄与するために七尾市情報処しるべ蔵(以下「しるべ蔵」という)を設置する。とあります。

ところが、毎年今頃(予算時期)になると、しるべ蔵が行政の方から取り上げられ、運営管理が問題になってきます。不思議なことに、マイナス面だけが取り上げられ、存続が危ぶまれます。なぜもっとプラス面を見ないのでしょうか、ただ予算がないからカットなのでしょうか?なぜ前向きに検討がされないのでしょうか?

平成16年から、本格的一本杉通りのまちづくりが始まり、それ以来毎年成果が上がり、視察、観光とお客さんが訪れる通りになり、全国からの問い合わせ先は、情報処「しるべ蔵」で一本杉通りでは発信して来ていて、今ではとても重要なところで、とてもここの機能を止めることはできません。
中心市街地の商店街も、来月から始まる東海北陸自動車道の開通に合わせ、「ふれあい観光 語り部処」を64軒立ち上げて、26日にはまちなか語り部処会議も開き盛り上げます。これとて、しるべ蔵を中心に、御祓川の東と西が協力してまちの賑わいを取り戻そうとする大きな活動です。

残念ながら、七尾では、開通に合わせた動きが見られないことです。新聞によると金沢では毎日のように、東海北陸自動車道開通に向けての活動を伝えています。この時期に、しるべ蔵をどうするなどと取り上げているのではなく、東海北陸自動車道開通に向けて着々と準備を進めて、行政も、議員さんも、市民もとても忙しい時ではないでしょうか?

今年は、一本杉通りでは、花嫁のれん展と語り部処の全国発信に取組むことで、とても今から忙しく、しるべ蔵で会議、会議が続いています。町会、振興会では一本杉通りの次の段階へのまちづくりに進めたいことが、みなさんからどんどん出てきます。

しるべ蔵の予算が多すぎる(行政から見ると)から問題になるのであるのなら、七尾市の主軸の一つ観光に対し、特に中心市街地の観光をどのように捉えて戴いているか全く解りません。一本杉通りがここまで民で頑張って5年経ちました、今ここで一本杉方式の「ふれあい観光 語り部処」を中心市街地に広げ盛り上げようと、次の段階に入ったところです。ぼつぼつですでも着実に前、前と進んでいます。これとて民の力で進んでいます、それを助けるのに、しるべ蔵の存続だけでも、協力願いたいものです。
[PR]
by kitajimaya | 2008-06-12 10:36 | ■登録文化財とまち | Trackback

ふれあい観光「語り部処」

東海北陸自動車道路全線開通は7月5日です。富山IC~一宮ICまで普通車料金¥5,320.-で米原JCT経由より¥850.-安くなり、10月末までは割引で¥4,750.-だそうです。これでたくさんの人が名古屋から期待できます。
七尾市の観光「ふれあい観光 語り部処」を発信して、中心市街地を散策して戴き、元気になるよう頑張りたいものです。「語り部処」はそれぞれに個性のある、自分を語れば、受けること間違いありません。語りを聞くお客さんは頭の中で広い世界を展開して夢心地です。これこそ語りの目指すところです。「語り部処」は店主であったり、女将さんであったり、おばあちゃんであったり、従業員であったり、それぞれにそれぞれの立場で思いを語っていただくところに、他にない魅力があります。きっと満足していただける七尾の観光です。
[PR]
by kitajimaya | 2008-06-10 16:41 | ■登録文化財とまち | Trackback