お茶の北島屋

<   2007年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

沖縄から一本杉通り視察

28日沖縄から「むらおこし総合活性化委員会一行8名の方が一本杉通り視察に見えま
した。30分くらい一本杉町のまちおこしについてお話をして、通りを散策して戴きました。
一本杉通りの東側、仙対橋からきもの処凛屋、高澤ろうそく店で語りを聞いてショッピング
をするとやがて1時間、次に昆布・海産物しら井、ぬのや仏壇店と鳥居醤油店で急いで
1時間弱、とにかく上野啓文堂、一本杉公園、中谷内陶器店、勝本邸と北島屋茶店で
一服時間が足りません。皆さんやっぱり半日コースですねと、一本杉通りの観光に理解
をして戴きました。それは語り部処、ふれあい観光を推し進める一本杉方式です。
[PR]
by kitajimaya | 2007-10-29 22:32 | ■登録文化財とまち | Trackback

一本杉通りに骨董屋さんオープン!

11月より、一本杉通りの登録文化財上野啓文堂に、骨董屋「竹のはし」さんがオープン
することになりました。当面は金,土、日曜日の営業となります。
活かして保存していく登録文化財の主旨に基づいて、上野啓文堂が活用されることは、
とても嬉しいことです。視察・観光が増えていろんな店が一本杉通りに注目していただ
いて、出店が増えることを期待するところです。その第1号です。

今年は、能登半島地震まで、家族連れ、グループの方が土・日と一本杉通り観光に訪れ
ていただいていましたが、やっぱり地震の影響で視察・観光のキャンセルが出ましたし
家族連れ、グループの方の観光も止まりました。

8、9月頃より少しづつ一本杉通り観光に見えるようになりました。団体も和倉温泉の旅館
からの案内で来られるようにもなりました。昨年までは一本杉町に申込みがあって視察・
観光に見えていましたが、今年は連絡なく一本杉通り観光に見える団体が増えました。
そのことは、だいぶ一本杉通り観光が認知されてきたことだと考えられます。
[PR]
by kitajimaya | 2007-10-26 10:13 | ■登録文化財とまち | Trackback

「でか小屋」語りべ処

一本杉通り以外にも語り部処を設置すればと七尾市観光協会おもてなし部会で部会長の
高澤さんの提案で、素晴らしいことだと思います。
でか小屋再生にと取組んでいるわけですが、でか小屋も語り部処に指定して、申込みを
しるべ蔵にして案内し、でか小屋の語りをやれば、もっと皆さんの認識も高まり、1円玉
募金も集まり再生資金のたしになるのではないでしょうか。
更に、瓦1枚募金とか、次の一歩への手立てを考えたいものです。
[PR]
by kitajimaya | 2007-10-23 18:29 | ■登録文化財とまち | Trackback

典型的な能登の景観を残すまち七尾!

今日(20日)北国新聞の朝刊に、石川県がふるさと住宅のモデル案をまとめたと伝えて
います。輪島型、門前型と奥能登の景観再生に黒瓦、板張り外壁と土間も設置とのこと。
輪島型が15坪で費用は約千百万円、門前型が25坪で約千二百五十万円です。

県が奥能登の景観再生にと力を入れています。七尾市は喜ぶべきです。特に、能登半島
地震の被害が旧市内は少なかったことです。古い町家を残すことこそ、ここに七尾らしい
能登らしい景観を大きな金を掛けずに守る事が出来ます。

能登全域のために、七尾が能登の典型的な景観を残したまちなか観光に力を入れ、いち
早く元気な市になり、交流人口を増やすことこそ能登の再生に貢献することになると考え
ます。
[PR]
by kitajimaya | 2007-10-20 13:38 | ■登録文化財とまち | Trackback

法人会女性会の皆さん一本杉通り観光

19日法人会女性会の皆さん24名が一本杉通り観光に見えました。
輪島の方が多く、地震の被害を受けてこれからの輪島のまちづくりに、道路を拡げ
民家、商店を建設していくなかに、大きな問題があるような話を聞きました。予算活用
の期限が限られ、あわててつくるまちづくりにも問題があるとのことでした。
七尾市は輪島のような大きな被害がなく、話を聞くとこのままで古いものを残しながら
まちづくりをしていくのがいかに大切かがわかりました。

一本杉町の目指す、ぼちぼちでも必ず前進するまちづくり、町家を大切にしていくまち
づくりこそ、七尾の大きな魅力であり、財政の厳しい七尾市で市民の力で少しづつ進め
ていくことこそ、素晴らしいまちづくりであることに、早く市民の皆さんに気付いて欲しい
気持ちは一本杉通りのみんなの気持ちです。
[PR]
by kitajimaya | 2007-10-19 18:33 | ■登録文化財とまち | Trackback

第57回御祓地区大運動会

14日(日)第57回御祓地区大運動会(七尾市御祓公民館主催)開催
今年は、素晴らしい秋晴れで運動会にふさわしい一日になりました。一本杉町は今年は
「せんざくら」の皆さんの参加により、とても元気で楽しい運動会になりました。町内の融
和も盛り上がり運動会の意義が十分満たされたところです。

<せんざくらの方々>
b0062607_924596.jpg

<綱引きも1勝出来ました>
b0062607_9261848.jpg

[PR]
by kitajimaya | 2007-10-16 09:26 | ■まちづくり | Trackback

花嫁のれん展協働委員会

11日第6回花嫁のれん展協働委員会開催
早くも10月に入りました。10月には、来年の第5回花嫁のれん展を発信するように目指
して、協働委員会も重ねて、花嫁のれん展のチラシも印刷の段階にきました。
同時発信の、「和倉温泉2泊の七尾の観光」が、今回の会議で検討しましたが、いろいろ
準備も多く時間がまだ掛かりそうです。、最低限度で一緒に発信することになりました。
今後、資料を集めながら少しづつ発信したいと思います。
[PR]
by kitajimaya | 2007-10-12 09:42 | ■花嫁のれん | Trackback

冊子「花嫁のれん」12月20日発刊!

平成17年2月季刊雑誌「銀花」に特集された「花嫁のれん」23頁が小冊子にまとめら
れ発刊されることになりました。花嫁のれんの解説の唯一の冊子です。文化出版社より
12月20日に出版されます。
「銀花」平成17年2月号は完売絶版になりました。たくさんの皆さんからの要望にこたえ
るために、この小冊子を発刊することになりました。予約受付中です!
[PR]
by kitajimaya | 2007-10-09 19:07 | ■花嫁のれん | Trackback

一本杉公園除草作業

7日(日)午前8時より一本杉公園除草作業
天気に恵まれすばらしい秋空のもと公園の除草作業が出来ました。公園完成から5年目
になり、雑草もいよいよ増えてきました。普段、町会のみなさんが少しづつ草取りをしてい
ただいていますが、追いつかなくなりました。しかし、20人あまりの参加を得てスムーズ
に終りました。
来月には毎年のことですが、花の植え替え作業を行います。年2,3回のこうした作業は
町会の皆さんの交流の場となり、よりよい「和」の出来る最高の機会です。一本杉町の
まちづくりも平成14年一年掛けてこの公園作りで町会の「和」が出来、とんとんと進んで
視察・観光客の訪れる町になりました。
[PR]
by kitajimaya | 2007-10-07 11:02 | ■ごみゼロ宣言しました | Trackback

一本杉町のゴミゼロ宣言

一本杉通りのまちおこしは、今あるものを残してまちおこしをやっているところです。
輪島で能登半島地震で被害を受けた家を壊し処理するのに何十億の金が掛かって
います。これを見ると七尾の古い建物は何とか壊さないで修理をしながら残すこと
は、先ずごみを出さないことになります、これこそゴミゼロ宣言です。もったいないの
心です。
今、政府は200年もつ家をこれから建てると云っています。私達の家は明治後半
か大正時代です。まだまだ70年から100年ももたせることが政府の云う200年もつ
家です。大事に残してまちおこしをしたいものです。
[PR]
by kitajimaya | 2007-10-02 17:38 | ■ごみゼロ宣言しました | Trackback