お茶の北島屋

<   2007年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

「大豆飴」復興とまちなか観光とのコラボレーション事業

和菓子ルネスッサンス「大豆飴」(まめあめ)復興とまちなか観光とのコラボレーション
事業推進委員会が開催されました。
地域伝統和菓子「大豆飴」を中心とした地域ブランドの創出とまちなか観光のコラボレ
ーションにより、地域小規模事業者の販路開拓と交流人口の拡大を目指す委員会です。

先ずは、七尾名物「大豆飴」の問題点はどこなのか、市民の声を聞き検討が必要だと思
います。実際使って見ると、黄粉と水飴で出来ている関係で硬い、それだけで戴くとちょっ
と重たい感じ、太すぎるのではないか、着色の問題、などが考えられます。
みんなで考え七尾名物として復興を図りたいものです。
[PR]
by kitajimaya | 2007-07-31 12:26 | ■登録文化財とまち | Trackback

名古屋から一本杉通り観光一行33名

29日(日)名古屋電工エイゼンシー一行33名、和倉温泉を9時30分発 一本杉通り着
「花嫁のれん観光」で一本杉通りの観光に来て戴きましたが、花嫁のれん展は毎年4月
29日から母の日までと説明、数店の協力を得て展示していただきました。
花嫁のれんもさることながら、平生観光の一本杉通りの売りである「語り部処」の語りが
大変気に入り1時間30分の予定では全部をゆっくり訪問できずに、再度訪問するとの
言葉を残して、次へと発って行かれました。
今、一本杉通り観光が「花嫁のれん」で売れて、それで視察観光客に来ていただくわけで
すが、もっと平生観光の「語り部処」の宣伝広報に力を入れたいものです。
[PR]
by kitajimaya | 2007-07-30 10:10 | ■登録文化財とまち | Trackback

赤倉邸を登録文化財に

七尾歴史街道まちづくり協議会では、街道沿いにある赤倉邸を登録文化財に申請しま
した。この建物は、最も古い軒先形式の登梁構造です。これで街道沿いに腕木構造、
せがい構造と基本の構造が揃いました。

太い傾斜材は見た目にも豪快で力強く風格ある登梁構造、二階に居住性を持たせる
ために豪快ではない細材で造られる腕木構造、せがい構造は大正時代に入り、ガラス
窓を利用して二階に天井の高い部屋が造られるようになった。ますます七尾の歴史街
道の散策が楽しくなりました。

明日(23日)夕方、赤倉邸にて七尾歴史街道まちづくり協議会の総会が開催され、
市川福井工業大学準教授の赤倉邸内の案内、、嶽神主による天神様のお話、今後の
七尾市の歴史建造物の保存方についてなど討議することになります。
[PR]
by kitajimaya | 2007-07-22 14:35 | ■登録文化財とまち | Trackback

能登半島地震復興基金

石川県の発想で「能登半島地震復興基金」が設置されることになりました。
設置の目的:
被災地の早期複旧・復興のための各般の取り組みを補完し、被害者の自立支援及び
被災地の総合的な復興対策を、安定的かつ機動的に進めるため、復興基金を設置する。

基金規模: 
500億円 5年間 (運用益は、5年間で30数億円)

対象:
①、②略
③基金事業は、団体・民間等が事業主体となることが基本

運用益を活用した被災地、被災者への支援策(例)
①、②略
③地域・文化の復興・振興に対する支援
*持続可能なちいきづくりのためのプラン策定費
*被災地域・集落のコミュニティー施設等の再建支援
*文化財、歴史的建造物等の保存に対する支援
*民俗資料・歴史資料の保存支援

七尾歴史街道まちづくり協議会で取り上げる条件に合うところだけ抜粋しました。
能登半島地震ニーズ・課題調査票をとにかく提出したいものです。
[PR]
by kitajimaya | 2007-07-21 11:54 | ■登録文化財とまち | Trackback

和倉2泊の七尾の観光

和倉温泉発9時⇒ 小丸山公園⇒ 一本杉通り観光⇒ 七尾・料亭で昼食⇒ 
七尾城址・資料館⇒ 七尾美術館 (オプション 山の寺)⇒ 和倉温泉17時着
このコースも、一本杉通りはもちろん、七尾の二つの城跡散策と七尾の料亭で海の
幸を味わい、ゆっくり七尾を味わうことが出来ます。
七尾美術館はその時の催事物による関係で、山の寺散策とのオプションにしました。
[PR]
by kitajimaya | 2007-07-19 10:01 | ■登録文化財とまち | Trackback

中越沖地震の影響

16日午前10時13分頃新潟・長野で震度6強の地震がありました。七尾でも震度4で、
今回は、距離の関係か大きくゆっくり東西に揺れ、ぎしぎしと家と音を立てましたが
無事でした。
19日に新潟県上越市町会長連合会一行25名の方が一本杉通り視察の予定が入って
いましたが、残念ながら中止となりました。さらに、能登も風評被害が更に広がらないよう
にと思います。 「能登は元気です 一本杉通りは小丸山公園からの岩盤の上で地震の
被害の少ないところです。」
[PR]
by kitajimaya | 2007-07-18 09:23 | ■登録文化財とまち | Trackback

一本杉通り観光のもう一つの魅力

今、健康・癒しの長期滞在型観光が注目されるようになり、一本杉通り観光がまた、
一つ注目されることになりました。

一本杉公園に埋められている90kg竹炭と、通りに配置する1kgの竹炭を入れた床几
が脚光を浴びることになりました。一本杉通りを訪れれば自然にマイナスイオンを浴び
大森林を散歩していると同じ効果があります。

香を扱う高澤ろうそく店のアロマセラピー、自然食品を扱う昆布・海産物処しら井、食べる
金箔のぬのや仏壇店、国産の大豆・小麦を使用昔通り二夏モロミ蔵に置き自然の味を
求める鳥居醤油店、おいしく、健康に良い料理を作る鍋を扱う中谷内陶器店、健康食品
の王様「日本茶」を扱う北島屋茶店とみんな伝統を大切に守りながら頑張っています。
[PR]
by kitajimaya | 2007-07-15 08:57 | ■登録文化財とまち | Trackback

和倉温泉二泊の七尾観光

和倉温泉二泊の七尾観光のルートを作るのに、一本杉通り観光プラス前田利家ゆかり
の地「山の寺」寺院群と瞑想の道を取り上げると、和倉温泉発10時一本杉通りへ「語り
部処」を訪問ゆっくり楽しんでいただければ2時間、昼食を山の寺「長齢寺」にて精進料
理を味わって、ゆっくり休憩をとり、午後は山の寺(徳翁寺⇒龍門時⇒宝憧寺)オプション
で七尾美術館(そのときの展示による) これを第一コース。
山の寺散策のもう一つのコースは妙観院(ここで昼食)⇒長興寺⇒妙圀寺⇒長壽寺
第三番目は山の寺散策の第一と第二をプラスしたコース、更にオプションで八ヶ寺の
散策コースもあります。

山の寺寺院群:
西念寺、常通寺、宝憧寺、龍門時、徳翁寺、長齢寺、成蓮寺、本延寺、實相寺、印勝寺、
本行寺、長壽寺、恵眼寺、妙圀寺、長興寺、妙観院
[PR]
by kitajimaya | 2007-07-09 11:11 | ■登録文化財とまち | Trackback

七尾市景観形成市民懇談会

景観形成市民懇談会の委員と云うことで「七尾市景観基本計画」作りに関わっています。
5日に第三回目が開催されました。丁度、能登半島地震で七尾のまちなかの宝の町家
が壊されて無くなりつつある時と重なり、新しく建てるもの、作るものだけに規制するので
なくあるものも残すことに規制がいるのではないだろうか。どこかでぜひ検討したいもの
です。
[PR]
by kitajimaya | 2007-07-07 11:01 | ■登録文化財とまち | Trackback

七尾のまちの宝

先の能登半島地震での被害が、大なり小なり時間が経つにつれ見つかってきています。
特に、明治、大正の頃に建てられたものが地盤により影響を受けています。

七尾のまちの中心部にある春直呉服店も大きな被害を受けた建物の一つです。第三者
から見れば、全部つぶして立て直した方がずっと安く出来るのにと考えられる。
ところが、店主は、七尾の宝、昔の建物を残そうと、鉄骨を入れながら復元しています。
天井をめくると出てきました、昔の天井がそのまま残してありました。それも大切と天井
を残し見えるように改装するとのことです。

今、簡単に古いものを壊して立て替える人が多い中なんとか七尾の宝を残そうと努力
を惜しまない人もいます。七尾は古いものを残してまちおこしをしていく方針を市民上げ
て進めたいとものと思います。
[PR]
by kitajimaya | 2007-07-03 10:24 | ■登録文化財とまち | Trackback