お茶の北島屋

<   2006年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

能登・七尾は海だ!

これから風の人にぜひ尋ねてみたいことがある。 能登・七尾のイメイジは?
七尾の自分達にも問いかけてみても、答えは? やっぱり海だ!
天然の良港七尾、港を活かしたまちづくり、七尾港の活性化等々よく云われ、書類にも
よく出てくる。

一本杉通りの町づくりから、七尾歴史街道まちづくりへと拡がったとき、七尾の街道は
海の街道だと気付いて見ると、残念なことに七尾に海の見えるところがない。
昔は、七尾駅から北に少し歩くと海が見え、ああ港町だなと、潮の匂いもなんとなく
感じられたものだった。

マリンシティー、マリンパーク、フィッシャマンズワーフと海にかかわる名前が、ここ七尾で
よく使われて来ています。 これも、思いはやっぱり七尾は海だ! しかし海が見えない。

大切な宝に気付かずにきたのではないでしょうか? 七尾の海の歴史、港の歴史、航路、
今のうちに能登商船の歴史、航路等、見られるところを食祭市場の魅力として設営すべき
だと思います。

そのことは、見る人に限りない夢を与えるものとなるでしょう。 北前船の資料を見れば
北海道から、佐渡、敦賀、・・・・大阪と、更に遡ればは中国、韓国と世界にまで、その前に
立つことで夢が大きくひろがることになります。 それはとても楽しい事で、七尾湾の航路を
見るだけで、一回、船で湾内を回っても見たくなります。 また、昔のように能登島までの
船の旅もしたくなります。

食祭も和倉からの恩恵から脱皮して、立地を考え、独自の魅力を作り出し、七尾の核と
して活躍し、交流人口を増やす役割を果たすべきであると思います。

できることから、少しづつ手がけて、積み重ねていくことが大きな成果を生むことになるので
はないでしょうか。 先ず実行! 
[PR]
by kitajimaya | 2006-06-30 05:42 | ■登録文化財とまち | Trackback

東京からの一本杉通り観光ー7月予定

東京からの一本杉通り観光(クラブツーリズム㈱) 7月予定が入りました。
7月16日(日) 決定 39名、 20日(木) 予定、 24日(月) 決定、30日(日) 決定
今月は20日の日が決まれば4回になります。
このツアーは 「能登半島だけをじっくりめぐる 奥能登水平線ロマンの旅」二泊三日の
旅で、一本杉通り観光がルートに選ばれています。

東京駅を午前7時頃新幹線で出発、富山駅に12時前着、そこから一本杉通りに1時20分
ころ到着、約1時間の観光、次は時国家へ、泊まりは輪島あたり、次の日は奥能登観光、
ロイヤルホテル泊、羽咋、千里海岸を経て富山駅へ、夕方東京着

もっと、七尾の観光処を、食事処を、楽しみ処のルートをこちらから提案すべきだと考え
ます。 和倉2泊の七尾の観光ルートをみんなで考えて、こちらから提案したらどうでしょ
うか。
[PR]
by kitajimaya | 2006-06-29 22:35 | ■登録文化財とまち | Trackback

雑誌「大人のウォーカー」に「抹茶挽き体験」掲載

今日、一本杉通りの本屋さんから雑誌「東京 大人のウォーカー」7月号角川書店が届く
初夏の能登半島紀行、金沢からひと足延ばして「和倉温泉・七尾巡り」の中に和倉温泉と
一本杉通りを4頁に掲載、、特に「抹茶挽き体験」を取材してお茶の北島屋や高澤ろうそく
店、暮らしっく館「葦」、角偉三郎美術館と多田屋を取り上げて戴きました。 挽き立ての
抹茶がきれいな緑で写ってとても美味しそうです。 大豆飴に抹茶を掛けて食べる、当店
独自のお菓子戴き方も紹介して有ります。

お茶屋の大豆飴
[PR]
by kitajimaya | 2006-06-28 17:43 | ■登録文化財とまち | Trackback

視察の対応

二組の視察の方々と懇談会を終えて気付いたことが一つありました。
一本杉通りの資料は提供したのですが、七尾市の資料を渡していなかったことです。
観光都市を目指す時に、この辺が徹底していないのは問題だということです。
小さなことを一つ一つ抑えていかないと大きな成果は望めないことだと思います。
これから、7月2日の田鶴浜小学校のPTA、11日の羽咋市生活学校メンバーの方たちへ
の資料も検討する必要があります。
[PR]
by kitajimaya | 2006-06-26 22:48 | ■登録文化財とまち | Trackback

一本杉通りの視察

今日(25日)能美市根上地区公民館のみなさん14人と河北郡婦人団体協議会のみなさ
ん13人、午前中一本杉通りを視察、ゆっくり語り部処を訪れて戴きました。 語り部さんも
皆さんに時間を掛けてお話できました。この一本杉方式の観光を高く評価して戴きました。
いつもの通り、鳥居醤油店の二階で交流会を開き、根上・河北の二組の交流も出来、喜ん
で戴きました。

b0062607_22313756.jpg

b0062607_22321853.jpg

[PR]
by kitajimaya | 2006-06-25 23:49 | ■登録文化財とまち | Trackback

「花嫁のれん」と云えば七尾・一本杉通り!

18日のフジテレビ系で全国放映された「花嫁道中」が大変好評で、東京、神奈川から
富山から見たよと電話が入り、富山のお客さんは来年自分の持っている花嫁のれんを
提供するから飾ってくださいとのことでした。
テレビ放映の内容も花嫁のれんを正しくその意味を伝えるものであり、花嫁のれんが
日本遺産に登録されることは素晴らしいことです。
お陰で七尾市一本杉通りが、テレビ・雑誌と全国版でお金を掛けずに宣伝され感謝!
感謝! 花嫁のれんは七尾の一本杉通りと決定づけるものとなりました。

花嫁のれん展
[PR]
by kitajimaya | 2006-06-23 23:29 | ■花嫁のれん | Trackback

福音館書店「母の友」に花嫁のれん特集!

福音館書店「母の友」8月号に花嫁のれん展の特集! 今年の花嫁のれん展の期間中に
取材、8頁の特集を組んでいただきました。 8月号が発刊になります。
ありがたいことに、各雑誌社も「花嫁のれん」を取り上げてくれます。 ますます全国版に
なりつつあります。 宣伝費も掛けず全国に広めていただいています。
出版社の方に感謝の意味で、七尾のみなさん、ぜひ「母の友」8月号をお願いします。
[PR]
by kitajimaya | 2006-06-22 00:06 | ■花嫁のれん | Trackback

東京より32名一本杉通り観光

明日(22日)クラブツーリズム㈱の東京からのお客さんは32名との連絡が入りました。
前回、バスガイド一本杉通り観光マニュアルをわたしてあるので、一本杉方式がうまくいく
か楽しみです。 これが成功すれば観光申込に、前もって資料と観光マニュアルを送り
一本杉方式を確立したいものです。
[PR]
by kitajimaya | 2006-06-21 19:12 | ■登録文化財とまち | Trackback

一本杉通り観光と視察の申込

本日21日午後、東雲高校の観光を勉強中の生徒さん8名一本杉通りの語り部処を訪問、
一本杉通りの町おこしのお話を聞きたいとの申し入れ。

6月25日(日)午前10時、能美市根上地区公民館のかた14名一本杉通り視察申込
(実は当日、河北郡婦人団体のかた18名の視察が既に入っています。)

7月2日(日)午前9時富山県砺波から般若婦人会の方30名観光、多田屋さんから
申込ありました。
(この日も既に田鶴浜小学校PTAの30名の視察あり)

7月3日(月)午後12時45分から石川観光からのミナト会さま36名の観光申し入れ

と大変忙しくなってきました。 町会の皆さんのご協力をお願いします。
[PR]
by kitajimaya | 2006-06-21 13:37 | ■登録文化財とまち | Trackback

岩手県一戸町から一本杉通り視察

今日(20日)の午後一戸町の町長さん一行20名のみなさんが一本杉通りを視察
鳥居醤油店2階にて懇談会。 いつもはこちらから質問をするのが、今日は質問ぜめに
あいました。 一本杉町町会長窮地の質問
「市、商工会議所、TMOは一本杉にどのようなことをしてくれていますか?」
まったく考えていなかった質問でした。

会合の後、通りを歩きながら「市や商工会議所のホームページになぜ一本杉の町おこしが
載っていないのですか?」

「?????」

b0062607_22341669.jpg

[PR]
by kitajimaya | 2006-06-20 22:31 | ■登録文化財とまち | Trackback