お茶の北島屋

<   2005年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

富山県福野地域住宅相談所一行15名 視察

9月4日(日)福野地域住宅相談所一行15名の方が一本杉通り登録文化財の視察に
来られることになりました。午前10時頃七尾商工会議所到着、その後一本杉通りを
案内することになりました。
[PR]
by kitajimaya | 2005-08-30 18:36 | ■登録文化財とまち | Trackback

バナナブックス「花嫁のれんの写真集」来春発行

バナナブックス社長石原さんより、残暑見舞いのお便りと共に、「花嫁のれんの写真集」
来春発行に向けて編集作業中だと連絡がありました。高井さんの写真もよく仕上がって
いるそうです。来春の発行が待たれます。
[PR]
by kitajimaya | 2005-08-29 08:43 | ■花嫁のれん | Trackback

京都橘大学 井口研究室の報告会

今日、花嫁のれん展とまちづくり調査の報告会が商工会議所で午後7時から行われました。
今年の花嫁のれん展の開催中5月3日から5日の間、井口研究室の皆さんで調査をして
いただきました。
今後この調査書をじっくり読んで、みんなで検討、これからの花嫁のれん展と一本杉通りの
まちづくりに役立てたいものです。
皆さんありがとうございました。
[PR]
by kitajimaya | 2005-08-28 00:31 | ■花嫁のれん | Trackback

歴史発見小丸山プロゼクト

火曜日の夜は元気ななお仕事塾で小丸山公園を見直そうとプロゼクトチームが出来、
一本杉通りと一体化を目指し、地元の人はもちろん観光客も楽しんで散策できる公園を
どのようにすればよいか取り組むことに成りました。
来る9月4日午前7時、御祓公民館前集合で、小丸山公園を実地検分します。興味の
ある方は是非参加してください。みんなで公園を見直してみたらどうでしょう。
[PR]
by kitajimaya | 2005-08-25 00:16 | ■一本杉への想い・・・ | Trackback

石川地域づくり表彰の応募③

参考資料もファイルにいっぱいになりました。この1年半によく新聞に載ったものです。
最後に<生活文化>まちづくりは町づくり とまとめてみました:

一本杉町のまちづくりは、商店もあれば、商店でない普通の家もある状態で、町会、
一本杉通り振興会、Oh Godの会、婦人会、青年会、子供会の共同で進められています。

昔のように商店街が元気な時は振興会主導で、お客もたくさん来てくれたし、財政的にも
それなりに確保でき、各種のイベントをやってこれたわけです。しかし、今のように大型店、
郊外型で商店街の元気が無くなって見ると、財政的にも苦しくなり手の打ちようがありませ
ん。各種補助金も提案がありましたが、それとて昔のように蘇るかと問われれば返事が
返って来ませんでした。

町会の仕事は、ごみ問題とか大掃除とか側溝清掃、町内防犯などと町全体の縁の下の
力持ち的存在であると考えていました。しかし、ここ1年半まちづくりにかかわることになり、
「まちづくりは町づくり」だと思うようになりました。

町に人がくるのは、その町が楽しく元気であることだと解りました。そのため、基本は町の
やることを町会のみなさんにすべて知っていただくことです。そのことでみんなが町の動き
がわかり、すべてが自分のこととして捉えることが出来るようになり、町会に対し何をすれ
ばよいのか考えるようになりました。そして、その成果は町会の行事に積極的に参加が増
えてきたり、一本杉通りの広報を自分のこととして誇りを持てやっていただけるようになり
ました。
[PR]
by kitajimaya | 2005-08-22 22:20 | ■まちづくりは町づくり | Trackback

西に欲しい食堂

お盆も終り、少しは涼しくなるかなと期待をしていたにも関わらず、連日30度を越える
毎日です。 でも嬉しいことに観光客が訪れて来てくれます。 今日もお昼前に若い夫婦が
語り部処のマップを持って来て、話している間に「この辺りに食堂はありませんか」と尋ねら
れ返事に困りましたが、松本町の小島食堂を紹介しました。
店は必要にせまられてできるのが自然だと考えるのですが、一本杉通りも、もう一歩だと
思います。観光客が増えてくれば、いろいろ需要がでてきて、店の話も、空き家の話もでる
ようになれば、一本杉もほんまもんといえるのではないのでしょうか。
[PR]
by kitajimaya | 2005-08-21 00:16 | ■一本杉への想い・・・ | Trackback

石川地域づくり表彰の応募②

お盆の間に書類を書き上げてしまう予定でしたが、やっぱり遅れてしまいました
また、「地域づくりプロジェクト発掘事業」の第二次審査の資料も用意しなくてはならない
のですが、表彰の書類と同じようで、これまでの一本杉町々会の活動とこれからの活動
を書き上げ、新聞のコピーや写真などを揃えていくわけですが、皆さんの手元に昨年の
第1回花嫁のれんの記事の新聞がありませんか、あったら連絡をお願いします。
ごみゼロ宣言(9月20日)からの新聞は手元にあります。 ご協力をお願いします。
[PR]
by kitajimaya | 2005-08-17 21:49 | ■一本杉への想い・・・ | Trackback(1)

「地域づくりプロジェクト発掘事業」第2次審査へ

石川県の「地域づくりプロジェクト発掘事業」の構想案に応募中の「七尾一本杉通りの地域
づくり(一本杉通りの見どころ案内書作成)」が第1次審査を受かり、8月31日の第2次審
査プレゼンテーション説明会に県庁に行くことになりました。 県より案内がありました。

案内によれば、7事業が第2次に残った訳です。
1) 演劇文化で賑わうまちづくり          NPO能登演劇堂振興協会 瀬口庄八
2) 「醸しの里・能登」構想             NPO能登ネットワーク    数馬嘉雄
3) 奥能登の自然・冒険・体験村構想      (社)珠洲青年会議所     紅谷光昭
   (温故知新、温地方知世界、温己知他)
4) 滞在型観光都市づくりプロジェクト      輪島TMO 里谷光弘
5) 能登半島まるごと釣り堀構想         能登半島広域観光協会   武元文平
   太公望誘客プロジェクト
6) 珠洲スタイル・スローフードによる       NPO法人 すず交流ビューロー
   スモールビジネス振興プロジェクト                        泉谷満寿裕
7) 七尾一本杉通りの地域づくり         一本杉町々会          北林昌之
   (一本杉通り見どころ案内書作成)
[PR]
by kitajimaya | 2005-08-15 14:14 | ■一本杉への想い・・・ | Trackback

プレジデント社雑紙「七緒」 一本杉通り取材

今日、高澤さんよりの連絡で、プレジデント社発行「七緒」の一本杉通り取材が、来る16・
17日と決まりました。 担当の鈴木さんからも電話連絡が入り、町のスナップ、花嫁のれ
ん、お土産など、着物を着て散策しながら取材と撮影をしたいとのことです。

プレジデント社と聞いて雑誌「プレジデント」を思い浮かべ難い雑誌だなと、しかし「七緒」
のような女性向きの雑誌も発行しているとは知りませんでした。

とにかく一本杉通りが全国紙に取り上げられことは嬉しいことです。「銀花」次いで二冊目
で益々一本杉通りも全国版になちつつあります。

取材も、出版社の都合で一部になりますが、とにかく大きな目で見れば今後の一本杉通り
にとっては、グッドチャンスです。 秋・冬号と云うことでこの秋に出版だと思います。
「銀花」と同じ様にご購入・販売にご協力をお願い致します。 とても町会の力では出来ない
広告宣伝です。
[PR]
by kitajimaya | 2005-08-12 16:31 | ■花嫁のれん | Trackback

北永真治 オーナーシェフ 「新・食・感ダイニング 桜」 

中島町にレストラン 「桜」を構えるオーナーシェフ 北永真治さんに大呑の食談義で
初めてお会いしました。 氷彫刻コンクール「国際ジャッジ」に認定され、テレビで見た
ときは、プロレスラーのような人の印象が残っていましたが、お会いしてびっくり、とても
やさしくお話をされる方で、物静かな人でした。勿論体つきはがっしりした人でした。

出身は福井だそうで、奥様が中島、外の出身で、鮮度が良く、質の良い食材が簡単に
手に入る、空気・水・酒がうまい、と能登を選んだ理由だそうです。
[PR]
by kitajimaya | 2005-08-12 00:08 | ■まちづくりは町づくり | Trackback