お茶の北島屋

カテゴリ:■まちづくり( 16 )

わくたま君!

今朝、ゆで卵が二個届き、まだ温かく出来たてのほやほやでした。届けてくれた人の心です。一本杉通りの生活文化そのものです。「生活文化が文化財だ!」茶の間の観光のモットーです。

ところで、和倉温泉では、温泉卵をイメージしたキャラクター「わくたま君」が有名になって来ました。ここで提案、和倉の温泉卵に、わくたま君シールを張って、和倉温泉名物のおみやげ「わくたま君」として売り出せばどうでしょう。

その他、わくたま丼、わくたまうどん、わくたまそばなど、いろいろ和倉温泉の名物をみんなで作れば楽しいまちづくりの切っ掛けになるのでは?
[PR]
by kitajimaya | 2010-07-24 22:42 | ■まちづくり | Trackback

「ちょんこ山」ポスターとチラシができました!

今年は、「ちょんこ山保存会」が立ち上がり、4月10.11日に行われる祭りの、ポスターとチラシができ上がりました。長いちょんこ山の歴史の中で初めてだと思います。(ちょんこ = 小さい)

b0062607_1852112.jpg

氣多本宮曳山奉幣祭 ちょんこ山
ちょんこ山の起源は、六百年ほど前から行われていたといわれていますが、はっきりしません。現在は、普通4月第2土・日曜日に行われ、土曜日は各曳山町の有志の家(人形宿)で人形を飾る人形見、そして日曜日はちょんこ山を曳行する本祭りとなっています。
今年の人形見(4月10日18:00頃~)
『人形宿』①米 町 西出昭彦宅(大黒天) ②木 町 布川幸夫宅(恵比須) ③亀山町 山野 勉宅(住吉大明神) ④一本杉町 リフォーム前田(楠 正成) ⑤阿良町 阿良町センター(神功皇后) ⑥生駒町 麺の華(藤原鎌足)
[PR]
by kitajimaya | 2010-03-21 18:45 | ■まちづくり | Trackback

まちなか語り部処会議

1月21日夜 しるべ蔵にて「まちなか語り部処会議」開催
「港町七尾まち歩き 語り部処めぐり」マップがなくなり第三版を印刷するに当たり、会議を開催することになり、今回は七尾銀座町に声掛けをして、銀座界隈のマップ作りをしていただくことになりました。特に、語り部処のメンバータカセさんとあめやさんに頑張っていただいて、町会のみなさんに声掛けをお願いしまた。
今年は、シンボルロードも完成、食事処も集中している銀座界隈のマップはとても面白いと思います。ユニークな語り部処が増えます。

その他に、まだできていないところ、金毘羅さん界隈、魚町見付け界隈とマップの名前も、名前を聞いただけで行きたくなるような名前にする事にしました。一本杉通り、中央通り、東部商店街と合計6種類のマップが出来上がります。それぞれに切磋琢磨してまちなか観光に努力したいものです。

新幹線が開通した時には、金沢から七尾に来て語り部処を散策半日から1日十分楽しみ夜は和倉温泉に泊まって戴き、次の日は田鶴浜、中島、能登島と回っていただくコースを発信していきたいと思います。

田鶴浜、中島町のまちづくりがこれから5年掛けて求められます。一本杉通りのまちづくりは今年が7年めです。一本杉のまちづくりから考えると時間は十分あります。ことしから真剣に取組むべきです。

目指すは交流人口を増やすことしか今はありません。七尾市も合併してから1年に800人づつ人口が減って、4000人も減ったのです。先ず、まちづくりの目標を「交流人口を増やす。」に標準を当てて頭をひねればきっと良いアイディアが浮かびます。
[PR]
by kitajimaya | 2010-01-23 20:36 | ■まちづくり | Trackback

朝顔が毎朝花盛り!

7月の中頃に植えた我が家の朝顔が9月に入り次々咲き始めました。蔓も元気でこの分では当分花が咲くのでは!朝、店を開けて花を見るのが楽しみです。
b0062607_9531061.jpg

[PR]
by kitajimaya | 2008-09-09 09:54 | ■まちづくり | Trackback

七尾市街地 まちづくりシンポジュウム

テーマ: 登録文化財で七尾の町家・芝居小屋をまちおこしの起爆剤に!
主 旨: 七尾市街地活性化の起爆剤として、町家や芝居小屋建築など歴史的建造物の保存活用の専門家を招いて意見交換を行い、市民のみなさんと七尾町家の保存活用や芝居小屋「でか小屋」の再生に向けさらに前進したい。

開催日時: 平成20年9月27日(土) 13時開場、 13時30分開会
開催開場: 七尾商工会議所 2Fホール
対   象: 市民、各種団体、行政、議会議員などのみなさん
参加費 :  無料
主   催: でか小屋再生おっせ会、七尾歴史街道まちづくり協議会、七尾街づくりセンター株式会社 (事務局:情報処しるべ蔵内 電話・FAX:0767-52-1231
後   援: 七尾市、七尾商工会議所、七尾市観光協会、和倉温泉観光協会、七尾マリンシティ推進協議会、七尾商店街連合会、七尾駅前通り商店街振興組合

内   容: 
開会挨拶  高澤良英(でか小屋再生おせっ会 世話人代表)
祝   辞  武元文平七尾市長
基調講演  「七尾の町屋・芝居小屋を活かしたまちづくりと登録文化財」 西 和夫氏
基調講演  「でか小屋」第2次調査からわかったこと」 
賀古唯義氏(全国芝居小屋連絡協議会 技術支援部門)

<シンポジューム>
 コーディネーター:
   森 まゆみ氏 (作家、エッセイスト、谷根千工房)
 パネリスト:
   西 和夫氏 (神奈川大学工学部教授・日本建築史)
   賀古唯義氏 (全国芝居小屋連絡協議会 技術支援部門)
   市川秀和氏 (福井工業大学建築工学科准教授・建築史)
   高澤良英 (でか小屋おせっ会 世話役代表)
   北林昌之 (一本杉町町会長、ほっと石川観光マイスター)

<たくさんの方の参加歓迎!>
[PR]
by kitajimaya | 2008-09-05 12:14 | ■まちづくり | Trackback

各大学に「地方再生学科」を設けては?

今日は、年末パトロール「一声運動」で一本杉町と阿良町の両町内を、警察・消防署
の方、町会長、民生委員で一人暮らしの家庭を訪問して来ました。一人暮らしの家庭
が増えているのと、訪問しても留守の家が多いこと。留守と云うのは元気な証拠でもあ
ります。回って見ると、町にも人が誠に少ない。

たまたま、今日は郊外に配達に行き、家が解らず近所の家のベルを押せども全く応答
がありません。ここにも人が少なくなって、在宅しているのは高齢者の方のみです。

これでいいのだろうか?子供に教育をと、生活を切り詰めて都会の大学に送って結果は
田舎に帰ってくるわけでもなく、ひどい人になると、親の面倒は行政で見るべきだと居直
る若い人も居るほどです。

これからの国を考える時、各大学でも真剣に地方再生に「地方再生学科」なるものを
設け、地方に若者が夢と希望を持って来るような地方学が必要だと思います。地方再生
も全く未知なる世界です。
[PR]
by kitajimaya | 2007-12-19 16:12 | ■まちづくり | Trackback

第57回御祓地区大運動会

14日(日)第57回御祓地区大運動会(七尾市御祓公民館主催)開催
今年は、素晴らしい秋晴れで運動会にふさわしい一日になりました。一本杉町は今年は
「せんざくら」の皆さんの参加により、とても元気で楽しい運動会になりました。町内の融
和も盛り上がり運動会の意義が十分満たされたところです。

<せんざくらの方々>
b0062607_924596.jpg

<綱引きも1勝出来ました>
b0062607_9261848.jpg

[PR]
by kitajimaya | 2007-10-16 09:26 | ■まちづくり | Trackback

中島町の「時のよそほひ」行きましたか?

3月11日までです!中島町の女将さんたちが頑張りました。
「時のよそほい」 まだの人は、ぜひ見に行ってください。ここから町おこしが始まるの
です!新聞やテレビで期待以上に取り上げてくれました。そうです、一歩踏み出した
町だからです。
どの町もなかなか一歩が踏み出せないのです。中島町の人たちもびっくりでしょう。
たくさんの人たちが中島のまちを訪れてたからです。今までにないことでしょう。
このまちにはたくさんの宝があることがわかりました。これからこれらをいかに活かすか
とても楽しみです。

<子どもたちも手づくりで参加しました>
b0062607_1893299.jpg

<私だけのお雛様 古い帯で作りました>
b0062607_18111931.jpg

<「大工のお父さんが残したものです」と語ってくれました>
b0062607_1812528.jpg

[PR]
by kitajimaya | 2007-03-06 18:15 | ■まちづくり | Trackback

田鶴浜町の活性化!

中島町が一歩踏み出しました。次は田鶴浜町です。浜にはどこにも負けぬ建具が
あります。建具を活かすべきです。町に来てもらうことが、町の活性化です。
何回か書きましたが、工場の開放です。こんな素晴らしいことはありません。
中島町のチラシマップを見てください、こんな素晴らしいものはありません。
田鶴浜も町中マップを、建具やさん中心に、お菓子やさんも含め、みんなに呼びかけ
れば素晴らしいものになります。さー、一歩踏み出すことです。
[PR]
by kitajimaya | 2007-02-24 13:20 | ■まちづくり | Trackback

中島町の女将さん頑張りました!

七尾市の中島町の女将さん3人が頑張りました。ついにやりました!!!
「時のよそほひ」ひなまつりによせて 
全町550mの中島町にひな人形を飾ることになりました!北国新聞21日の朝刊に
大きく取り上げられました。「大正、昭和初期の活気演出」七尾・中島町商店街!

自分たちの在所は、自分たちで頑張らなくては!
今日、中島町のおかみさんたちが、A3版の手づくりチラシをもって来て戴きました。
これも素晴らしいチラシです。とても楽しく読めるチラシです、マップです。裏表よくも
まー調べて書き込みました。町づくりのお手本です。3月1日が楽しみです!
みんなで出かけましょう!
[PR]
by kitajimaya | 2007-02-22 19:04 | ■まちづくり | Trackback