お茶の北島屋

カテゴリ:■七尾歴史街道のひとびと( 6 )

鵜祭神事とまちおこし

国の重要無形民俗文化財「鵜祭神事」の道中が12日から始まりました。12日鵜捕主任が神の化身「鵜」を一子相伝の技法で捕らえ、「鵜捕部」が担いで、七尾市鵜浦町から羽咋市の氣多大社までの50キロを「うっとりべー」と声をかけながら三日掛けて運びます。

この50キロの街道を、今のうちに昔の残るまち並みを保存すべきだと思います。神事だけを大事にするのではなく、これがまちづくりです。特に、中能登町のまちおこしにとても重要な街道です。これこそ全国発信の宝です。

この道中を追っかけていた写真家間蔵さんのお話だと、鵜捕部さんが、一本杉通りに入ったとたん、鵜様が一声鳴いたそうです。こんなことは無いことで、来年は一本杉通りはとても縁起が良いそうです。
<一本杉通りで鵜様にお会いしました>
b0062607_20132285.jpg

[PR]
by kitajimaya | 2008-12-17 20:15 | ■七尾歴史街道のひとびと | Trackback

七尾でか山青柏祭

今年も5月2日でか山青柏祭の人形見の日です。3基のでか山に飾られる歌舞伎人形を
その年の目出度い家に、基本的には飾り、山町の若衆や近所、知人を招待して祝います。
一方、曳山を組立て試運転をします。
<試運転中です 一本杉通りののっぽ電柱>
b0062607_1953349.jpg

<魚町の本田総代がテレビ生中継中>
b0062607_198094.jpg

[PR]
by kitajimaya | 2007-05-12 19:09 | ■七尾歴史街道のひとびと | Trackback

田中太郎 彫刻家

田中太郎
明治44年 七尾市木町に生まれる
大正15年 七尾男子校高等科卒 建築彫刻を習う
昭和9年 平櫛田中に入門 昭和11年院展初入選以後出品
昭和24年 「蛍の光」日本美術院 白寿賞 昭和25年「三面相」
奨励賞 昭和26年 日本美術院賞 白寿賞 昭和27年 法隆寺金堂復元に従事
昭和28年 七尾市文化賞 昭和29年 「K子像」 日本美術院賞 大観賞
昭和30年 日本美術院同人 昭和33年 我孫子市に移住 
昭和34年 東京芸大に「ないしょ話」を寄贈 昭和39年 紺綬褒章 木杯賜る 
昭和58年 石川県立美術館に買い上げ・寄贈 
昭和60年 国際芸術文化賞 太平洋美術会会員 
昭和63年 七尾産業福祉センターで個展  
「等伯」 等伯会誌第10号より
[PR]
by kitajimaya | 2005-03-26 15:15 | ■七尾歴史街道のひとびと | Trackback

辻口博啓 (つじぐちひろのぶ) パティシエ

1967年七尾市馬出町に生まれる。
18歳に都内のフランス菓子店で修業をはじめ、南仏などで修業する。
洋菓子の世界大会に日本代表として出場し、3度の優勝を含め多くの新人賞を獲得し、
常に高い評価を受けている。
1998年東京・自由が丘「モンサンクレール」オープン、シェフ・パティシエの就任。
2004年同店のオーナー・パティシエに就任
「モンサンクレール」のほか、「自由が丘ロール屋」、六本木「ルショコラ ドゥ アッシェ
二子玉川」「和楽紅屋」、世田谷「マリアージュ ドゥ ファリース」、「コンフィチュール アッシュ」
の現在6ブランドを持つ
日本から世界へ発信する辻口スィーツを創造する。
[PR]
by kitajimaya | 2005-03-24 00:42 | ■七尾歴史街道のひとびと | Trackback

勝本冨士雄(モダンアートの旗手)

大正15年 七尾市一本杉町生まれ
現在前田りイフォーム店
昭和13年 戦時京都に出、叔母の本屋に勤めるかたわら、京都市立絵画専門学校に学ぶが中退する。
昭和25年 モダンアート協会創立に参加
昭和26年 第2回モダンアート展に招待出品
昭和28年 抽象と幻想展(国立近代美術館主催)に招待出品
昭和30年 日米抽象美術展(国立近代美術館主催)に招待出品
昭和36年 第2回パリ国際青年ビエンナーレ展(パリ近代美術館)に招待出品
昭和38年 第14回朝日秀作美術展に招待出品
昭和39年 第15回朝日秀作美術展に招待出品、
        第4回東京国際版画ビエンナーレ展(国立近代美術)に招待出品
昭和41年 第5回国立近代美術館コレクション展に出品、買上
昭和47年 日本現代美術展に招待出品
昭和52年 日本現代美術パノラマ展(セントラル美術館)に招待出品
昭和59年 4月26日東京にて死去
(詳しくご存知の方はお知らせ下さい)
[PR]
by kitajimaya | 2005-02-01 09:37 | ■七尾歴史街道のひとびと | Trackback

前田宏智(まえだひろとみ)<金工>

昭和36年七尾市一本杉町生まれ
生家は前田宏陽堂(印判)
昭和61年金沢美術工芸大学院美術工芸研究課終了
昭和63年代35回日本伝統工芸展 「銀朧銀打出象嵌花器」初入選
平成 5年第3回伝統工芸日本金工展 「銀四分一打出象嵌花器」日本工芸会員賞
平成 6年第41回日本伝統工芸展 「赤銅銀打出象嵌花器」高松宮記念賞
平成11年第29回伝統工芸日本金工展 「銀四分一打出象嵌花器」朝日新聞社賞
(現在)日本工芸会正会員、金沢卯辰山工芸工房専門員
<さらに詳しいデーターをお知らせ下さい>
[PR]
by kitajimaya | 2005-01-31 22:30 | ■七尾歴史街道のひとびと | Trackback