お茶の北島屋

第5回花嫁のれん展が盛況に終りました!

11日(母の日)で第5回花嫁のれん展が盛況に終りました。天候に恵まれ一本杉通りを散策しやすい日々でしたが、さすがに連休は、青柏祭「デカ山」と重なり大変賑わいました。期間を通じて時間をかけて熱心に花嫁のれんを楽しむ人が増え、買い物を楽しむ人も増えました。それぞれに、のれんの語りと店番でとてもいそがしいのれん展でした。
昨年11月名古屋のブルーボネットに15枚の花嫁のれんを持って行ってのれん展をしたお陰でたくさんの方に来て戴きました。「のれん展に行きました。」「お会いしました。」「名刺を戴きました」と声をかけて戴き、とてもなつかしく再開を喜びあいました。これこそ「ふれあい観光・語り部処」の醍醐味です。

今年3月の季刊誌春第152号「銀花」の「花嫁のれん展」と「 一本杉通り語り部処」の広告の力も大きく北は北海道、西は九州・四国から花嫁のれんだけを楽しみに来て戴きました。

連休が終ると、一段落したものの熱心なのれん愛好者でゆっくり話も弾みました。そんな中でのれん展の評価は大変高く、また 一本杉通りの評価も自然で落ち着くと褒めて戴きました。黒壁にしたり、統一するのに手を入れたりして観光地作りをしているが、一本杉通りはあるがままで落ち着いてとてもよいとの、訪れた人たちの声でした。
旅に来て、こんなにゆっくり地元の方とふれあい楽しい時間を過ごしたことがないと語り部処も高く評価して戴きました。これから進めようとする「ふれあい観光語り部処」の事業に益々自信を得たところです。
[PR]
by kitajimaya | 2008-05-13 09:33 | ■花嫁のれん | Trackback
トラックバックURL : http://kitajimaya.exblog.jp/tb/8584517
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]