お茶の北島屋

能登・七尾は海だ!

これから風の人にぜひ尋ねてみたいことがある。 能登・七尾のイメイジは?
七尾の自分達にも問いかけてみても、答えは? やっぱり海だ!
天然の良港七尾、港を活かしたまちづくり、七尾港の活性化等々よく云われ、書類にも
よく出てくる。

一本杉通りの町づくりから、七尾歴史街道まちづくりへと拡がったとき、七尾の街道は
海の街道だと気付いて見ると、残念なことに七尾に海の見えるところがない。
昔は、七尾駅から北に少し歩くと海が見え、ああ港町だなと、潮の匂いもなんとなく
感じられたものだった。

マリンシティー、マリンパーク、フィッシャマンズワーフと海にかかわる名前が、ここ七尾で
よく使われて来ています。 これも、思いはやっぱり七尾は海だ! しかし海が見えない。

大切な宝に気付かずにきたのではないでしょうか? 七尾の海の歴史、港の歴史、航路、
今のうちに能登商船の歴史、航路等、見られるところを食祭市場の魅力として設営すべき
だと思います。

そのことは、見る人に限りない夢を与えるものとなるでしょう。 北前船の資料を見れば
北海道から、佐渡、敦賀、・・・・大阪と、更に遡ればは中国、韓国と世界にまで、その前に
立つことで夢が大きくひろがることになります。 それはとても楽しい事で、七尾湾の航路を
見るだけで、一回、船で湾内を回っても見たくなります。 また、昔のように能登島までの
船の旅もしたくなります。

食祭も和倉からの恩恵から脱皮して、立地を考え、独自の魅力を作り出し、七尾の核と
して活躍し、交流人口を増やす役割を果たすべきであると思います。

できることから、少しづつ手がけて、積み重ねていくことが大きな成果を生むことになるので
はないでしょうか。 先ず実行! 
[PR]
by kitajimaya | 2006-06-30 05:42 | ■登録文化財とまち | Trackback
トラックバックURL : http://kitajimaya.exblog.jp/tb/5148082
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]