お茶の北島屋

みんなで作業は町おこし

今、一本杉通りの町おこしを考えて見ると、平成14年に町会みんなで取組んだ
「一本杉公園」つくりは、すばらしい協同作業でした。 町のみんなで一緒に取組
んだことがお互いの気心が通じ、完成した開園式をみんなで心底楽しむことが
出来たことでした。

それ以来、公園の整備も回覧板を廻すだけで毎回みんなで協同作業が出来ます。
町づくりにみんなが自分からかかわって楽しめることです。

また、花嫁のれん展用に60脚の竹炭入りの床几つくりの作業もみんなで参加して
楽しんだことです。 

考えてみると、町おこしをやる時に、先ずみんなで草刈でも、清掃でも、とにかく
協同作業をすることだと解りました。 そこで話し合いをすることでお互いに何か
合い通じるものを感じながら、建設的な意見も出てスムーズに事がはかどる
ことになるのだと思います。
[PR]
by kitajimaya | 2006-06-18 00:39 | ■登録文化財とまち | Trackback
トラックバックURL : http://kitajimaya.exblog.jp/tb/5044662
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]