お茶の北島屋

長野県から一本杉通り観光一行140名

11月10日和倉温泉一泊・一本杉通り観光
今回は人数が多いので、魚町でか山倉庫前に下車、魚町町会長本田さんにお願いして
倉庫を開け、直径2mのでか山の車輪を見ていただきました。
b0062607_2356485.jpg

続いて魚町からを歩き、でか山の模型を飾って協力していただいた家の案内
b0062607_075517.jpg

次に御祓公民館に、幕、法被、梃子などを展示、ビデオも見ていただく、本田さんには
木遣も歌っていただく。
b0062607_072135.jpg

[PR]
by kitajimaya | 2005-11-11 00:07 | ■花嫁のれん | Trackback(4)
トラックバックURL : http://kitajimaya.exblog.jp/tb/3755420
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 畝源 The ブログ at 2005-11-11 08:05
タイトル : 「能登良民伝」に“(所口)清五郎”を追加し、上梓した
 「能登の民話伝説(能登良民伝)」は、8日夜遅くから(眠れぬため)徹夜で3話を記して、一昨日早朝に上梓した「能登の民話伝説」の中の小コーナーであったが、今日新たに一話「(所口)清五郎」を追加した。  昨日の3作は、うち2話は、江戸時代の古文、1話は明治時代の文であったので、訳などは比較的楽であったが、今度は寛政時代に書かれた漢文であったので、訳すのに非常に苦労した。5時間かかってしまい、深夜になってしまった。(苦笑)  この所口(七尾の旧名)の清五郎とは、塩野屋清五郎(岩城穆斎)のことです。その一...... more
Tracked from 畝源 The ブログ at 2005-11-11 08:10
タイトル : 「能登良民伝」に“(所口)清五郎”を追加し、上梓した
 「能登の民話伝説(能登良民伝)」は、8日夜遅くから(眠れぬため)徹夜で3話を記して、一昨日早朝に上梓した「能登の民話伝説」の中の小コーナーであったが、今日新たに一話「(所口)清五郎」を追加した。  昨日の3作は、うち2話は、江戸時代の古文、1話は明治時代の文であったので、訳などは比較的楽であったが、今度は寛政時代に書かれた漢文であったので、訳すのに非常に苦労した。5時間かかってしまい、深夜になってしまった。(苦笑)  この所口(七尾の旧名)の清五郎とは、塩野屋清五郎(岩城穆斎)のことです。その一...... more
Tracked from 畝源 The ブログ at 2005-11-11 08:15
タイトル : 「能登良民伝」に“(所口)清五郎”を追加し、上梓した
 「能登の民話伝説(能登良民伝)」は、8日夜遅くから(眠れぬため)徹夜で3話を記して、一昨日早朝に上梓した「能登の民話伝説」の中の小コーナーであったが、今日新たに一話「(所口)清五郎」を追加した。  昨日の3作は、うち2話は、江戸時代の古文、1話は明治時代の文であったので、訳などは比較的楽であったが、今度は寛政時代に書かれた漢文であったので、訳すのに非常に苦労した。5時間かかってしまい、深夜になってしまった。(苦笑)  この所口(七尾の旧名)の清五郎とは、塩野屋清五郎(岩城穆斎)のことです。その一...... more
Tracked from いいものあるかな? at 2005-11-18 00:22
タイトル : 和倉温泉(石川県)
・和倉温泉(石川県) 無色透明でとっても辛い温泉です。泉温が非常に高くてそのままでのかけ流しは無理ですが、湯量が豊富なのでいつも新鮮なお湯を楽しむことができます。飲泉もできますが本当に辛いです。 温泉ガイドの方も更新しています。 (温泉ガイドの方には宿など..... more