お茶の北島屋

神奈川県からお礼状が来ました!

松本呉服店従業員宛てに、御菓子と一緒に、神奈川県の宮河さんから、お礼状が届き、お礼状とお菓子のお裾分けが来ました。松本呉服店で、花嫁のれんの前で記念撮影した写真も同封されていました。

お手紙:
八月九日 和倉温泉旅館協同組合のミニ定期観光バス「華の香号」に乗って、一本杉通りを訪れました。運転手さんに、時間が余ってしまうとこのバスを利用した観光客から言われるのですよと、話を聞いて下車しました。

登録有形文化財の建物が、町並になっていると想像していましたから”えっ”と驚きました。・・・・・・・・きもの処凛屋さんで初めて”花よめのれん”と云うものを拝見しました。高澤勇吉商店で、昭和初期の看板を見ていると店主が声を掛けてくださり、お話をして下さいました。娘はアンティックなものが好きなので、喜んでしまいました。”ありがとうございました”とお伝えください。

高澤ろうそく店は、お土産やさんの様な店づくりで、気軽に入りやすかったです。二階もどうぞと云われて、二階のギャラリーも拝見しました。ろうそくミニ博物館には、私の出身地福島県会津の絵ろうそくも展示されていて、各々の違いが分かりました。土蔵のギャラリーも、娘と二人喜んでしまいました。・・・・・・・・・・・・・

花嫁のれん館で、もう一枚のれんを見たいねと立ち寄ったのですが、カギが掛かっていて入れませんでした。
最後に、呉服店なら花嫁のれんが展示してあるかもしれないと、松本さんに立ち寄ってみたのです。私共二人の為に、わざわざ奥から出してくださり、お話まで聞かせて戴き感謝しています。


運転手さんが、時間が余ると云っていましたが、私共には、時間が足らなかったです。他の観光客の方を、待たせてしまいました。花月さん・北島屋茶店でお茶しようねと云っていた時間もありませんでした。・・・・・・・・・

今回の旅で、一番忘れがたいものは”花嫁のれん”です。・・・・・・・・・一本杉通りの人情味温まる接客に感謝しています。ありがとうございます。粗品ですが、お召し上がりください。

益々、一本杉通りが、日常の商店街として、観光の街として栄える事 お祈りしています。

語り部の方へ 感謝                宮河悦子
[PR]
by kitajimaya | 2012-08-31 00:30 | ■花嫁のれん | Trackback
トラックバックURL : http://kitajimaya.exblog.jp/tb/18908533
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]