お茶の北島屋

「花嫁のれん館」

一本杉通りに「花嫁のれん館」が、10月2日にオープしました。花嫁んのれんで、全国版になって一本杉通りに来ても、花嫁のれんが見られないと云われていましたが、一本杉の思いののれん館ができました。

これは将来に向けての情報収集の試験館です。現在は、当番制でカーテンを開けて電気を付けていますが、カギが掛かってています。当番店の店名と電話番号が掲示されています。ご希望の方は、電話をして戴くと開けて、のれんのお話が聞けます。

オープニング式典には、TVドラマ「花嫁のれん」の脚本家小松江里子さんも駆けつけて戴きました。のれん館の提灯、看板の文字は、作家森まゆみさんのご協力によるものです。また、一本杉通りフアンの方から、床の間に飾る掛け軸は、これだと「高砂」を一幅送って戴きました。

セットは、田鶴浜の建具組合のみなさんのご協力で、田鶴浜建具を入れて戴き、仏壇は七尾仏壇組合のみなさんのご協力を戴きました。

b0062607_637275.jpg
b0062607_6384065.jpg

b0062607_6403928.jpg

b0062607_6392354.jpg
b0062607_640473.jpg

b0062607_131967.jpg

[PR]
by kitajimaya | 2011-11-21 06:55 | ■登録文化財とまち | Trackback
トラックバックURL : http://kitajimaya.exblog.jp/tb/17013359
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]