お茶の北島屋

「花嫁のれん展 in 関西」に向けて

29日、朝7時出発で開催地豊中市に5人で向かいました。豊中商工会議所を訪問、事務局長の東さんに挨拶、関西展の協力をお願い。快く引き受けて戴きました。

「花嫁のれん」は日本の文化だと評価を戴き、パリー展を実現したいと話すと、早速日本商工会議所にメニューがるとデーターのコピーまで準備して戴き大変感激しました。

近くの商店街岡町商店街振興組合長澤田さんの店まで案内して、商店街のみなさんと一緒に話し合いして、奥野家までの道案内に協力して戴くことになりました。

奥野家では夫妻で対応して戴き、素晴らしい大きな邸宅を拝見、のれんの展示場所、玄関での商品販売、看板等の打ち合わせで、のれん展が想像できとても楽しみになりました。

続いて、豊中市役所へ、教育委員会とまちづくり推進部まちづくり支援課の担当者の方に、花嫁のれん展の趣旨をお話、事前に奥野家ともお話されていて、好意的に協力を約束して戴きました。

豊中市まちづくり推進部まちづくり支援課なる部、課があることが分かりました。出てみないと分からないもので、こんなに熱心に強力にまちづくりに携わっている方々がいるのに驚きました。今回お会いした豊中のみなさんが全員とても前向きで協力的であることにも感激しました。
ありがとうございました。
[PR]
by kitajimaya | 2010-10-30 09:46 | ■花嫁のれん | Trackback
トラックバックURL : http://kitajimaya.exblog.jp/tb/14311283
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]