お茶の北島屋

楽しいまちづくり!

一本杉通りでは観光地づくりではなくは楽しいまちづくりを心掛けています。観光地づくりをすると、観光客を追っかけることになります。楽しいまちをつくることにより、誰でもどこからでも来てくれることになります。先ず、まちの人たちが楽しんでいることです。観光土産をつくるのではなく、店の商品に知恵をつける、語りで付加価値をつけ、高め、育てる、これが一本杉通りです。

この一本杉通りのまちづくりを間違いないと証明してくれる言葉が見つかりました。
論語に曰く、「近くの者悦び、遠くの者来る」とあるそうです。益々自信を持って一本杉方式を進めることができます。
[PR]
by kitajimaya | 2010-01-31 12:56 | ■登録文化財とまち | Trackback
トラックバックURL : http://kitajimaya.exblog.jp/tb/12760030
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]